ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

脊柱起立筋を筋力アップするお手軽ストレッチ

太りにくい体を作るには「脊柱起立筋」と呼ばれるインナーマッスルを鍛えるのが効率的。脊柱起立筋を鍛えると基礎代謝がアップするのです。そこで、まずは脊柱起立筋の老化度をチェックする方法を紹介。あわせて脊柱起立筋を筋力アップするお手軽ストレッチを紹介しましょう。



スポンサーリンク
脊柱起立筋を筋力アップするお手軽ストレッチ

脊柱起立筋の老化度をチェック

脊柱起立筋は、背骨の首部分からお尻の上部にかけて分布している長い筋肉。姿勢を保持して、体のバランスを保つために働くインナーマッスルです。筋肉としては大きい部類に入るので、脊柱起立筋を鍛えれば一挙に基礎代謝をアップすることができます。

そんな脊柱起立筋の老化度をチェックする方法を紹介しましょう。手を腰の後ろで組んだら利き足で片足立ちして目を閉じます。ちなみに利き足は、歩き出すときに最初に踏み出す足で判断してください。

目を開けたり軸足が動いたら、そこで終了。何秒バランスを保っていられるかで老化度がわかります。15秒以上なら10~20代レベル、13~14秒なら30~40代レベル、11~12秒なら50~60代レベル。10秒未満は70代以上になります。

脊柱起立筋を鍛えるストレッチ方法

続いて、脊柱起立筋を筋力アップするお手軽ストレッチを紹介しましょう。誰でも簡単にできるインナーマッスルのストレッチです。仰向けになったら手の平を下にして体の両側に置きます。

ひざを90度よりやや小さい角度に曲げて立てたら準備完了。腰を持ち上げて、背筋からひざまでまっすぐにして20秒キープするのです。腰を戻して5秒ほど休憩したら、再び腰を持ち上げて20秒キープ。これを5回繰り返してください。

最後に、脊柱起立筋を強化するトレーニング方法です。背骨をまっすぐにして右足で立ち、左足を後方へ上げたら準備完了。4秒かけて体を徐々に前に倒してバランスをとるのです。両手を前方に、左足を後方にしてまっすぐになったら、今度は4秒かけて元に戻します。両足5回を目安に行ってください。

■「脊柱起立筋」おすすめ記事
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
フラダンスで15kg減!インナーマッスル効果
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
高齢者は体操でインナーマッスルを鍛えるべし
関節痛が改善!やせるインナーマッスル健康法
真向法でインナーマッスルを鍛えて転倒防止!

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事