ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

加齢臭対策は毎朝30秒ずつ胸と背中をシャワー

シニア世代にとって加齢臭対策は悩みの種。最近では男性だけでなく女性の加齢臭も話題になっています。そんな加齢臭対策は、毎朝30秒ずつ胸と背中をシャワーするだけで大丈夫なのをご存じですか? 石鹸を使わずに夕方まで臭いの元を抑えられるのです。



スポンサーリンク
加齢臭対策は毎朝30秒ずつ胸と背中をシャワー

加齢臭対策は皮脂を取り除けばよい

そもそも加齢臭は、皮脂に含まれる成分が酸化して発生するノネナールという物質が原因です。ということは、加齢臭対策は臭いの元となる皮脂を取り除けばよいということになります。

体の中で皮脂がとくに多く出ている場所が、じつは胸と背中の中心部分。とはいえ、皮脂はどのようにすれば落とすことができるのでしょうか?

じつは皮脂を落とすのは簡単。毎朝30秒ずつ胸と背中に温かいシャワーを当てればよいのです。これだけで古くなった皮脂を洗い流すことができます。しかもその効果はその日の夕方ごろまで持続するのです。

加齢臭対策は温水を当てるだけ

この加齢臭対策の目的は、古くなった皮脂を落とすことにあります。胸や背中をゴシゴシ洗うのは厳禁です。皮脂が取れすぎて、皮脂本来の肌の水分を保持する働きがなくなってしまい、肌の乾燥につながります。

加齢臭対策は、あくまでも温水を当てるだけにしてください。冬の寒い日などは、熱いタオルで胸と背中をぬぐうだけでも効果が期待できます。

加齢臭に悩む3人のシニア世代の男性に、実際に胸と背中に30秒ずつシャワーを浴びてもらう実験を行いました。すると、シャワー前後で皮脂量の数値が6分の1まで減少させることができたのです。

■「加齢臭」おすすめ記事
加齢臭/メタボ臭/ダイエット臭にご注意!
8割は勘違い!?セルフチェックで加齢臭対策
加齢臭対策なら41度で1分の朝シャワーが効果的

■「臭い」おすすめ記事
頭皮の臭いを中和してくれる「塩洗髪」とは?
汗が臭いのは「悪い汗」をかいている証拠だった
臭い玉が原因となる「掌蹠膿疱症」の治療法
臭い玉の原因は細菌の塊…どうすれば治る?
「臭い玉」の放置が原因で腎臓病になる理由
「臭い玉」が細菌の死骸!それが口臭の原因だ
臭い玉の画像を拡大すると細菌の死骸が現われる

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事