ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

皮下脂肪に加えて内臓脂肪が溜まるシニア女性

一般に内臓脂肪は落としやすく、皮下脂肪は落としにくいもの。それが「内臓脂肪は普通預金で皮下脂肪は定額預金」とたとえられる理由です。このように、皮下脂肪の落とし方は難しいもの。しかも男女差があって、女性のほうが皮下脂肪の落とし方が難しいのです。



スポンサーリンク
皮下脂肪に加えて内臓脂肪が溜まるシニア女性

皮下脂肪は少々の運動では落とせない

体脂肪は大きく分けて、皮下脂肪と内臓脂肪があります。皮下脂肪は皮膚のすぐ下にある体脂肪で、指でつまむことができるのが特徴。一方の内臓脂肪は内臓につく体脂肪です。

このうち、内臓脂肪を落とすことはそんなに難しいことではありません。食事制限や運動で、真っ先に落ちるのが内臓脂肪です。内臓脂肪は生活習慣病のリスクを高める邪魔者。体は内臓脂肪から先に、厄介払いするのです。

一方の皮下脂肪は体温を守る断熱材であり、衝撃から守るクッション材でもあります。人間の体は皮下脂肪の機能性を保つため、少々の食事制限や運動では皮下脂肪を落としません。皮下脂肪は落とし方が難しいのです。

皮下脂肪はカロリーが誘導されやすい

ところで、皮下脂肪と内臓脂肪の蓄積具合には男女差があります。女性ホルモンは余ったカロリーを皮下脂肪に誘導しやすく、そのぶんだけ内臓脂肪が溜まりにくいのが女性です。

なかでも、妊娠と出産に関わる下腹部に皮下脂肪は誘導されやすいため、女性は下腹部を中心に太る傾向があります。いわゆる皮下脂肪型肥満と呼ばれ、その形から洋なし型肥満ともいわれています。

そもそも落とし方の難しい皮下脂肪が、男性より溜まりやすいのが女性。そこには女性ホルモンが深く関わっているのでした。しかも、閉経を迎えて女性ホルモンの分泌が減ると、今度は内臓脂肪が溜まりやすくなるもの。こうしてシニア女性は、皮下脂肪と内臓脂肪の両方に悩まされるのです。

■「皮下脂肪」おすすめ記事
膝の痛みの原因「皮下脂肪」をつまんで治す
皮下脂肪の落とし方は「つまんで燃焼させる」

■「脂肪」おすすめ記事
標準体重なのに脂肪肝!?「NASH」って何?
悪玉コレステロールの元凶は「飽和脂肪酸」
アディポネクチンを増やすには脂肪量を増やす!?
尋常性乾癬に肥満は厳禁!過剰な内臓脂肪が原因
インスリン抵抗性の原因は「内臓脂肪」だった
内臓脂肪の落とし方は空腹を少し我慢しての食事
内臓脂肪を減らすなら歩きを運動に変えればよい
内臓脂肪レベルを減らすチャンスは空腹感だった

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事