ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

バランスボールで腹筋を鍛えるための基礎知識

自宅で手軽にトレーニングできるのがバランスボールの魅力です。イス代わりに座るだけでも腹筋や背筋のインナーマッスルを鍛えることができます。そこで、バランスボールで腹筋を鍛えるための基礎知識を紹介しましょう。ただバランスボールに座るだけでは腹筋は鍛えられません。



スポンサーリンク
バランスボールで腹筋を鍛えるための基礎知識

バランスボールで腹筋を鍛える基本

バランスボールで腹筋を鍛えるためには、正しい姿勢で座る必要があります。チェックポイントは、左右の肩と骨盤のラインが床と並行かどうか。また、ひざとつま先は正面を向いているかどうかも確認します。そして横から見て、バランスボールの中心と骨盤、肩、耳が一直線になっているかどうかです。

体には誰しも多少の歪みを抱えているもの。バランスボールに正しい姿勢でイス代わりに座ることで、その歪みを調整することも可能です。もちろん、常に体幹を使ってバランスをとる必要があり、腹筋や背筋が鍛えられます。

正しい姿勢ができたら、バランスボールで腹筋を鍛えるトレーニングの基本になる「前後・左右・回旋」の動きをマスターしましょう。

バランスボールで腹筋に力を入れる

バランスボールの前後の動きは、正しい姿勢のまま骨盤を前に動かします。頭の位置を動かさないようにして、背中を丸めながら骨盤をゆっくり前にずらすのです。下腹部の腹筋に力を入れて、骨盤を後ろに傾けましょう。

バランスボールの左右の動きは、上体をまっすぐにしたまま骨盤だけゆっくり左右に動かします。お尻を左右に引き上げるイメージです。頭が動いたり肩が下がったりしないように注意しましょう。

バランスボールの回旋の動きは、下半身と頭を正面に向けたまま上半身だけを左右にねじります。両腕を胸の前で組んで、ひじを肩より少し下げて後ろを向くのです。腹筋や背筋の体幹を意識して、肩が下がったりひざが流れないように気をつけてください。

■「バランスボールで腹筋」おすすめ記事
バランスボールで腹筋を鍛えるにはコツがあった
バランスボールで腹筋を本気で鍛える方法とは?
バランスボールは腹筋だけでなく脳ミソも鍛える
バランスボールで腹筋を鍛えてダイエットする

■「腹筋」おすすめ記事
インナーマッスル腹筋を鍛えて痩せる3ステップ
呼吸法だけで腹筋インナーマッスルを鍛える方法
女性の腹筋はインナーマッスルを鍛えるべし

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
インナーマッスルの鍛え方は日常のちょい足し

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事