ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

ぽっこりお腹を解消するインナーマッスルの働き

ぽっこりお腹は、臓器が全体的に下がる内臓下垂が原因です。この内臓下垂を元に戻して、ぽっこりお腹を解消してくれるのがお腹のインナーマッスルになります。そもそも内臓下垂がおこる原因と、インナーマッスルがぽっこりお腹を解消していくプロセスを見ていきましょう。



スポンサーリンク
ぽっこりお腹を解消するインナーマッスルの働き

ぽっこりお腹とインナーマッスル

ぽっこりお腹を解消するというインナーマッスルとはどこにある筋肉でしょう? インナーマッスルはアウターマッスルと呼ばれる表層的な筋肉と対比されて使われます。

腕立て伏せなど筋トレで鍛えると盛り上がってくる、いわゆる筋肉がアウターマッスルです。一方のインナーマッスルは、体の深い部分にある筋肉。姿勢を細かく調節していたり、関節を正しい位置に保ったりするします。

じつは、アウターマッスルとインナーマッスルに明確な区別はありません。人間の体は大小の筋肉が複雑にからみ合っていて、単純に表面からの深さだけで区別できないからです。筋トレもインナーマッスルだけを鍛えられるわけではなく、同時にアウターマッスルも鍛えることになります。

ぽっこりお腹を解消する腹横筋

そして、とくに重要な役目を果たすのがお腹のインナーマッスル。腹筋の下にある内臓を正しい位置に保つた役目があるのです。お腹のインナーマッスルが衰えると、内臓が正しい位置から下がってしまいます。

こうして内臓下垂が発生して、ぽっこりお腹を作り出しているのです。つまりは内臓下垂を治せば、ぽっこりお腹は解消するということ。そのためには、衰えたお腹のインナーマッスルを鍛えなおせばよいのです。

お腹のインナーマッスルの中ででも、とくに腹横筋は腹部の深部にある筋肉。腹圧を上げて体幹を固定し、正しい位置に内臓を収める役割があります。腹横筋をイメージしてトレーニングを行うと、効果的にお腹の内側が鍛えることが可能。効率よくぽっこりお腹を解消することができるのです。

■「ぽっこりお腹」おすすめ記事
お腹ぽっこりを解消すれば血管年齢が若返る!
お腹ぽっこりは正しい姿勢だけで解消できる
お腹ぽっこりはタイプごとに解消する方法が違う
ぽっこりお腹を解消する「内臓下垂」の治し方
ぽっこりお腹が解消できる簡単ダイエット4選

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
フラダンスで15kg減!インナーマッスル効果
インナーマッスルの鍛え方は日常のちょい足し

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事