ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

美味しいコーヒーの入れ方はスターバックス直伝

スターバックスが教える美味しいコーヒーの入れ方を紹介しましょう。用意するものに特別なものは必要ないので家庭でも実践できます。大切なのはお湯の注ぎ方です。すぐに実践できる美味しいドリップコーヒーの入れ方を見ていきましょう。『ヒルナンデス』で紹介されていました。



スポンサーリンク
美味しいコーヒーの入れ方はスターバックス直伝

美味しいコーヒーの入れ方の準備

美味しいコーヒーの入れ方に、特別なものは必要ありません。ドリッパーにペーパーフィルターをセットして、ひいたコーヒー豆を入れたら、軽く叩いて平らにならしたら準備完了です。ポイントは4つあります。

1つめのポイントは「お湯を注ぐ回数」です。美味しいコーヒーの入れ方は、お湯を4回に分けて注ぎます。とくに1回目は、コーヒー豆が湿る程度の量でOKです。そして大事なのが、30秒ほど蒸らすのがプロのテクニック。お湯を含ませることで、コーヒーの抽出がしやすい状態を作ります。

2つめのポイントは「お湯の注ぎ方」。10円玉から500円玉サイズの「の」の字を書くように、そっと注いでいくのです。また、2回目のお湯を注ぐときはフィルターの8割までにしてください。

美味しいコーヒーの入れ方のポイント

3つめのポイントは「お湯の量」です。3回目にお湯を注ぐときには、2回目の水位を超えないように注がなければなりません。2回目以上に注いでしまうと、せっかくできたコーヒーの層が崩れてしまうことになります。

きれいにでき上がったコーヒー豆の層が美味しいコーヒーを抽出してくれるのです。このため、お湯をペーパーにかけることもNG。豆と触れ合うことなくお湯が落ちるので、コーヒーが薄まってしまいます。

美味しいコーヒーの入れ方の最後のポイントは「最後まで落とさない」こと。コーヒーは最後まで落としません。フィルターにはコーヒーのあくが残っているので、最後まで抽出すると苦味やえぐみが出てしまうのです。

■「コーヒー」おすすめ記事
肝硬変の食事なら1日1杯以上のドリップコーヒー
昼寝効果を高める寝る30分前のコーヒーの秘密
コーヒーダイエットは運動の1時間前に1~2杯
インスタントコーヒーおすすめ技で挽きたての味
インスタントコーヒーを飲むだけでダイエット

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。