ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

ほうれい線対策なら「ほほ筋トレーニング」

口のまわりにできるほうれい線はシニア世代共通の悩み。ほうれい線は表情筋の衰えが原因です。じつは衰えた表情筋はシニア世代になっても鍛えることが可能。そこで、ほうれい線対策の「ほほ筋トレーニング」を紹介しましょう。1日2回行うだけでほうれい線が2週間で改善します。



スポンサーリンク
ほうれい線対策なら「ほほ筋トレーニング」

ほうれい線対策のほほ筋トレーニング

ほうれい線だけでなく顔のたるみやシワは、表情筋という顔の筋肉の衰えが原因です。表情筋は文字どおり表情を作る筋肉。眉や目、ほほ、鼻、口など、顔のあらゆる部位の動きを作る約30種類ある筋肉の総称になります。

しかし、衰えた表情筋は何歳になってからでも鍛えることが可能。もちろんシニア世代になっても鍛えられます。鍛えればたるみやシワを予防することも改善することも可能。ほうれい線対策にバッチリです。

そこで表情筋の中でもとくに、ほうれい線に影響する筋肉を鍛える対策を紹介しましょう。それが、ほうれい線対策の「ほほ筋トレーニング」です。ほほのたるみを解消するにも効果があります。

ほうれい線対策で顔の下半分を鍛える

ほうれい線対策のほほ筋トレーニングは、まず口を軽く開いて上の歯と下の歯が触れないようにします。この状態から「いー」と強く発声しながら、口の両端をゆっくり上げていくのです。

口の両端を上げるときには、口角から頬骨の下にある「ほほ筋」がしっかり収縮していることを意識します。頬骨の下に指を置いて、筋肉が張っているかを確かめてください。ほほが強く引き上げられた状態を5秒間キープします。

このほうれい線対策は、1日2回行えば早ければ2週間で効果が出るはず。表情筋は密接につながっているので、ほうれい線対策をやるだけで顔の下半分の筋肉を鍛えることができます。

■「ほうれい線」おすすめ記事
ほうれい線の予防に効果抜群「ウイウイ体操」
ほうれい線を消すために自分の血液を注射する!?
ほうれい線の原因は猫背で食べるご飯にあった!?

■「トレーニング」おすすめ記事
階段がラクラク上れる「体幹トレーニング」
三半規管を鍛えるトレーニングで転倒を防止
大腰筋トレーニングはイスに座ってできる!

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事