ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

南雲吉則が考案した10歳若く見える薬膳カレー

ユニークな健康法で、実年齢より20歳以上若く見えるルックスを維持する南雲吉則さん。そんな南雲吉則さんが考案したのが、10歳若く見える薬膳カレーです。さっそく作り方を見ていきましょう。『たけしのニッポンのミカタ』の「老いに抗うニッポン人」で紹介されていました。



スポンサーリンク
南雲吉則が考案した10歳若く見える薬膳カレー

南雲吉則さん考案のカレーの作り方

南雲吉則さん考案の10歳若く見える薬膳カレーの作り方です。まずは鶏もも肉を皮ごとぶつ切りにします。鶏肉は皮が大事。コラーゲンがたくさん入っているので、皮ごとしっかり食べましょう。

続いて250gのヨーグルトをボウルに入れたら、ぶつ切りした鶏肉を投入。そのままつけ込んでください。ヨーグルトは腸を刺激してくれて、若返りの効果が期待できるのです。

そこにカレー粉を大さじ3杯、さらに塩とコショウで味を調節します。カレーはインドの薬膳料理。カレー粉に含まれるターメリックやクミン、コリアンダーは、漢方薬にも使われているものです。腸の環境をよくしてくれる働きがあります。

南雲吉則が使用するのは雑穀米

ヨーグルトにつけ込んだ鶏肉は30分ほど冷蔵庫で寝かせてください。そののち、フライパンで5~10分ほど軽く煮込めばOK。カレーのルーはこれで完成となります。

このカレーを白米にかけるのは簡単ですが、糖質を摂りすぎると太る原因になってしまいます。南雲吉則さんが使用するのは雑穀米。炊き上げた雑穀米をラップで包んで、平らな円形につぶします。

そして、雑穀米の固まりをフライパンで焼くのです。軽く焼き目をつけることで、歯ごたえがバリバリと出てきます。こうして、あえて30回くらい噛まないと飲み込めなくしておくのです。


スポンサーリンク

南雲吉則さん考案のカレーの完成

焼いた雑穀米にカレーをかければ、南雲吉則さん考案の10歳若く見える薬膳カレーの完成。インドのカレー粉、日本の雑穀、ヨーロッパのヨーグルトという3つの薬膳が入っています。

この組み合わせで、人間の体に必要な栄養素を摂取可能。体をリセットできるのです。さらに体の中の傷ついた部分を修復もしてくれます。粘膜だけでなく、お肌も活性化してくれるのです。

雑穀米を焼いて固くするのは、何度も噛むため。南雲吉則さんいわく、噛むことは全身の骨格をまっすぐにする効果があるだけでなく、同時に脳も刺激してくれるといいます。

■「南雲吉則」おすすめ記事
南雲吉則のデトックス鍋で免疫力をアップする
南雲吉則の1日1食ダイエット+アーモンド小魚
南雲吉則が表情筋を鍛える顔面グーパー体操とは

■「若く見える」おすすめ記事
若く見えるを維持する女優の秘密のストレッチ

■「カレー」おすすめ記事
カレーを食べると認知症の進行がストップ!?
朝にカレーを食べると自律神経が切り替わる
テストの朝はカレーを食べて脳を活性化する

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事