ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

半身浴は効果ナシ!逆に体が冷えてしまう新事実

体をよく温めるために、半身浴をする人も多いでしょう。しかし、半身浴に健康法としての効果はありません。身体が芯から温まると思いがちですが、むしろ身体が冷えてしまうのです。半身浴には医学的な根拠はまったくありません。『教訓のススメ』で紹介されていました。



スポンサーリンク
半身浴は効果ナシ!逆に体が冷えてしまう新事実

半身浴には体を温める効果はない

半身浴の目的は体を温めること。いいかえれば血液の循環をよくすることです。ここで全身浴なら、水圧が全体にかかることでと血管が圧迫されて、心臓に戻る血液が増えることになります。

一方で半身浴の場合、下半身は温まっても胸元や肩が冷えてしまうことがあります。効果がないどころか、逆に身体が冷えてしまうというわけです。

また、半身浴は汗をよくかいてよいと思いがちですが、汗をかくということは水分が奪われて冷えるということ。半身浴には体を温める効果はまったくありません。

半身浴の効果はまったくナシ

飲み会の翌日などにアルコールを抜くために半身浴するという人もいるでしょう。これも半身浴の効果はまったくナシ。肝臓で代謝されない限り、アルコールは抜けないからです。

健康によい入浴法は、ぬるめのお風呂につかることです。38~39度のお湯に、全身浴で30分ほど入るとリラックスできます。

お風呂というと40度以上の熱いお湯に入る人が多いですが、40度以下のお湯に入ると自律神経は副交感神経が優位になります。このため、身体がお休みモードになるのです。

■「半身浴」おすすめ記事
ホットフラッシュ対策は運動・サプリ・半身浴
足のむくみ解消なら半身浴でなく40度の全身浴

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事