ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

紫外線対策は度を超すと大腸がんになるリスク大

度を超すと逆に危ない健康法が「紫外線対策」です。皮膚がん予防や肌の老化防止のために、さまざまな紫外線対策を施している女性はたくさんいます。しかし、あまり紫外線を浴びないと大腸がんになるリスクが大きくなるのです。『教訓のススメ』で紹介されていました。



スポンサーリンク
紫外線対策は度を超すと大腸がんになるリスク大

紫外線対策が念入りな日本人の女性

紫外線対策をしないと、シミやシワの原因になるのは事実。しかし、紫外線にはビタミンDを作り出す役割もあります。そして、大腸がんリスクとビタミンDには、密接な関係があることがこれまでの研究で報告されているのです。

実際、日照時間の多い地域に住んでいる人と少ない地域に住んでいる人とでは、大腸がんのリスクに差があります。日照時間の低い地域のほうが、大腸がんリスクが大きいのです。

そして、日本人の女性でもっとも多いがんは大腸がん。紫外線対策を念入りに行っている女性が多いことも、この数字に影響しているかもしれません。

紫外線対策の大腸がんリスクが危険

ここで気になるのが、紫外線対策を行って大腸がんになるリスクと紫外線対策を行って皮膚がんになるリスク。どちらのリスクのほうが危険なのでしょう?

じつは環境省が発表していますが、日本は世界でもっとも皮膚がんのリスクが少ない国です。というのも、日本人は有色人種であるため、紫外線を浴びてメラニン色素ができる人種。このメラニン色素が紫外線が侵入するのを防いでくれるからです。

その意味で、皮膚がんリスクよりは大腸がんリスクのほうが大ということ。紫外線対策のやりすぎによる大腸がんリスクのほうが危険なのでした。

■「大腸がん」おすすめ記事
血便の原因が大腸がんか痔かを判別する方法
血便の原因が大腸がん…と思ったときの対処法
大腸がんを30分で切除する内視鏡によるESD治療
見逃すと危険!新タイプの「大腸がん」とは

■「大腸」おすすめ記事
血便の原因は便秘?虚血性大腸炎の症状と治療
大腸カプセル内視鏡が1月から保険適用に!
検便によるがん発見率を劇的アップする方法
腸腰筋を鍛えると大腸が刺激されて便秘が解消

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。