ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

インスタントコーヒーおすすめ技で挽きたての味

インスタントコーヒーの入れ方をちょっと工夫するだけで、まるで挽きたてのウマさに変身してしまうおすすめの裏技があります。コーヒー通も絶賛するインスタントコーヒーおすすめ技を見てみましょう。『ためしてガッテン』の「食卓の魔法SP」で紹介されていました。



スポンサーリンク
インスタントコーヒーおすすめ技で挽きたての味

インスタントコーヒーおすすめ技

さっそくインスタントコーヒーが挽きたてのウマさに変わるおすすめ技を紹介しましょう。まずカップに適量のインスタントコーヒーの粉を入れたら、ティースプーン1杯分のお水を入れます。

そして、練りつぶすようにインスタントコーヒーの粉を溶くのです。これをお湯に溶かせば完成。水で粉を練るだけで、味がまろやかになります。

実際に、インスタントコーヒーを普通に入れたものとおすすめ技で入れたものを飲み比べると、水で溶いたものがほうがスッキリとしています。ほのかに甘みを感じるなど、コーヒー通もうなる味でした。

インスタントコーヒーがよく溶ける

この2種類のインスタントコーヒー、カップをスプーンで叩いてみると微妙に音が違います。おすすめ技で入れたほうは、やや音が低く聞こえるのです。これはコーヒーの中に含まれている泡の多さによるものといいます。

インスタントコーヒーの粉を拡大してみると、1つ1つの粉には小さな穴が空いた状態。これは製造時に水分を飛ばすためにできる穴です。これを溶かすと、たくさんの空気が出て小さな泡が発生します。

つまり、泡が多いのはインスタントコーヒーがおすすめ技でよく溶けている証拠です。それと同時に、この小さな泡が高い周波数の音を吸収。これが叩いた音が少し低く聞こえる理由です。


スポンサーリンク

インスタント食品におすすめ技を応用

インスタントコーヒーのおすすめ技で最初に溶かすのは、ティースプーン1杯のお水です。溶かすといえばお湯ですが、なぜお水を使うのでしょう?

コーヒー豆にはもともと、でんぷんが含まれています。でんぷんに熱湯を注ぐ行為と、片栗粉に熱湯を注ぐようなもの。コーヒーの粉がダマになってしまいます。お水で溶いておけば、ダマになるのを防げるのです。

インスタントコーヒーのおすすめ技は、でんぷんを含む粉系のインスタント食品に応用できるもの。カップスープなどを溶かすときも、ティースプーン1杯の水であらかじめ溶かしてからお湯を注ぐと、ダマになりにくくなります。

■「インスタントコーヒー」おすすめ記事
インスタントコーヒーを飲むだけでダイエット

■「コーヒー」おすすめ記事
肝硬変の食事なら1日1杯以上のドリップコーヒー
昼寝効果を高める寝る30分前のコーヒーの秘密
コーヒーダイエットは運動の1時間前に1~2杯
美味しいコーヒーの入れ方はスターバックス直伝

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事