ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

ぎっくり腰の原因は仙腸関節のロックによる損傷

くしゃみやものを拾おうとしたときなど、ふとしたきっかけで発生する「ぎっくり腰」。軽度なら2~3日の安静で治まりますが、ぎっくり腰は原因を突き止めないと再発します。ぎっくり腰の原因は仙腸関節にあるのです。『駆け込みドクター!』の「おさらば腰痛SP」で紹介されていました。



スポンサーリンク
ぎっくり腰の原因は仙腸関節のロックによる損傷

ぎっくり腰の原因は周りの筋肉や神経

不意をつかれて驚く「ぎくり」に由来するのが「ぎっくり腰」。突然、腰に激痛が走り動けなくなることで知られています。正式名は「急性腰痛症」です。

ぎっくり腰は、腰椎や仙腸関節になんらかの異常がおきて、それが周りの筋肉や神経の痛みとなって出るのが原因。おもなきっかけは「朝起きたとき急に体を起こす」「くしゃみの反動で腰に強い負荷がかかる」「驚いたときの急な動き」の3つです。

軽度のぎっくり腰なら、2~3日の安静で痛みが治まることがほとんど。しかし、痛みがひいたからといって安心してはいけません。ぎっくり腰を繰り返したり、悪化させることで、急性腰痛から慢性腰痛に移行してしまうことがあるからです。

ぎっくり腰の原因は仙腸関節のロック

ぎっくり腰がクセで…という言葉もありますが、ぎっくり腰は一時的に痛みがひいても治ったわけではありません。ただ単に痛みがひいただけ。ぎっくり腰の原因を解決しないで同じ体の使い方をすると、また同じところが痛んで再発しまうのです。

多くのぎっくり腰の原因は、急激な荷重とひねりで仙腸関節が固まっておこる筋肉や神経の痛み。仙腸関節とは骨盤にある関節で、背骨につながる仙骨と腰を支える腸骨との間にある溝の部分。上半身と下半身をつなぐ重要なポイントです。

仙腸関節の可動域はほかの関節と比べて極めて狭い一方で、複雑な動きをすることが特徴。この仙腸関節の複雑な動きが荷重やひねりによってロックすると、周囲のじん帯が急激に引っ張られて損傷してしまいます。これがぎっくり腰の原因です。

■「ぎっくり腰の原因」おすすめ記事
ぎっくり腰の原因は仙腸関節のロックで靭帯損傷

■「仙腸関節」おすすめ記事
仙腸関節ストレッチでオフィスで腰痛を改善
1日5分「仙腸関節ウォーキング」で腰痛予防
仙腸関節の動きを手で確認する方法とは?
仙腸関節が正常か判別&矯正して腰痛を解消
仙腸関節を動かすAKA-博田法で腰痛が治る理由
腰痛の改善に仙腸関節の正常化が効果的な理由
仙腸関節を自分で調整して腰痛を改善する方法
仙腸関節の動きを腰に手を当てて触る方法とは?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事