ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

腰痛の原因3タイプを簡単に見極めるチェック法

日本人の80%が一度は経験するという腰痛。腰痛の原因は3タイプあります。それが「椎間板型・椎間関節型・仙腸関節型」です。そんな腰痛の原因を簡単に見極めるチェック法を紹介しましょう。『駆け込みドクター!』の「おさらば腰痛SP」で紹介されていました。



スポンサーリンク
腰痛の原因3タイプを簡単に見極めるチェック法

腰痛の原因は大きく3タイプある

まず腰痛の痛みの原因はどこにあるでしょう? 一般的には背骨の一部である「腰椎」周辺か、骨盤の中にある仙骨と腸骨の「仙腸関節」であることがほとんどです。

そして、腰痛の原因は大きく3タイプあります。前かがみで痛い「椎間板型」、後ろに反って痛い「椎間関節型」、お尻を押すと痛い「仙腸関節型」です。それぞれのチェック方法と痛みの原因を見ていきましょう。

直立姿勢から脚を伸ばしたまま前かがみになって痛ければ、腰痛の原因は椎間板にあります。椎間板とは、背骨を構成する椎骨のつなぎ目にある軟骨。背骨にかかる衝撃を吸収する役割があります。前かがみになると椎間板が圧迫されるため、損傷などがあると痛みが出るというわけです。

反って痛ければ腰痛の原因は椎間関節

直立姿勢から後ろに反って痛みが出れば、腰痛の原因は椎間関節です。椎間関節は背骨の後ろ側にある関節で、背骨の動きを制御しています。この関節になんらかの異常があると、後ろに反って痛みが出るのです。

そして、うつ伏せになってお尻の上のほうを押して痛みが出たら、腰痛の原因は仙腸関節です。仙腸関節は骨盤を構成する仙骨と腸骨の関節で、姿勢の安定に重要な役割を果たしています。

仙腸関節がある場所は、ちょうどお尻の上あたり。ここを押して痛みが出るということは仙腸関節に何らかの不具合があるということです。

■「腰痛の原因」おすすめ記事
注射も効かない腰痛は「一本の糸」が元凶!?
腰痛の新原因「股関節の異常」2つの原因
腰痛の原因は日常にアリ!すぐできる4つの予防法

■「腰痛」おすすめ記事
仙腸関節ストレッチでオフィスで腰痛を改善
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
腰の痛みは「お尻」で治る!金メダリスト実践のストレッチ法
1日5分「仙腸関節ウォーキング」で腰痛予防
新型腰痛「脊髄終糸症候群」手術で完治する
腰痛を予防するなら2つの枕を離して置くべし

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事