ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

腰痛改善に効くスキージャンプ姿勢の曲げ伸ばし

腰痛はいまや世界共通の悩みかもしれません。そんな腰痛の改善にも予防にも効く腰痛体操を紹介します。かかる時間は1日わずか3分。スキージャンプの姿勢でひざを曲げ伸ばしするだけです。『駆け込みドクター!』の「おさらば腰痛SP」で紹介されていました。



スポンサーリンク
腰痛改善に効くスキージャンプ姿勢の曲げ伸ばし

イスに座って腰痛を改善する体操

まずイスに座って腰痛改善する体操から紹介しましょう。足を腰幅くらいに開いたら、体幹をしっかり伸ばすように背筋を伸ばしてください。この姿勢から、骨盤を前後に動かすのです。

頭を動かさずに骨盤だけをゆっくり後ろに傾けたら、真ん中、そして前へと動かいます。ポイントはお腹に力を入れて骨盤を意識すること。3~5回を目安に行います。

次に、お尻の2つの坐骨がイスの座面に着いている状態で片手を上げて、手をグーッと上げながら体幹も伸ばしてください。その状態から、反対側の手の横に鉄棒があるイメージで、そちら側に体をグーッと曲げていくのです。

2つの坐骨はしっかりと着けたまま。ゆっくり戻したら、今度は反対側の手を上げて同じ動作を行います。腰をしっかり伸ばすようにしましょう。左右2~3回を目安にしてください。

立った状態で腰痛を改善する体操

立った状態で行う腰痛を改善する体操はスキージャンプの姿勢がモチーフです。股関節から体をまっすぐにした状態で体を前傾させます。そして、ひざを軽く曲げてください。ちょうど、スキーのジャンプのような姿勢になります。

この姿勢からひざのところに手をついて、前傾したままひざだけ伸ばすのです。背筋もまっすぐにしたまま。息を吸いながらひざを曲げて、吐きながらひざを伸ばします。

できる人はふくらはぎのところに手を置いて、その姿勢でひざの曲げ伸ばしを行いましょう。回数は2~3回が目安。ポイントは、ふくらはぎから太もも、腰をしっかり伸ばす意識することです。

■「腰痛改善」おすすめ記事
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
仙腸関節ストレッチでオフィスで腰痛を改善
腰の痛みは「お尻」で治る!金メダリスト実践のストレッチ法
冷え性が治るツボ!梨状筋をボールでほぐす

■「腰痛」おすすめ記事
1日5分「仙腸関節ウォーキング」で腰痛予防
新型腰痛「脊髄終糸症候群」手術で完治する
腰痛を予防するなら2つの枕を離して置くべし

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事