ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

眠れないときに無理に布団にいると不眠症になる

眠れないときに無理に布団に入って寝るのは逆効果。余計に眠れなくなるだけでなく、不眠症の原因にもなります。眠れないときはいったん布団から出て、暗い部屋で眠くなるまで待つのが正解です。『駆け込みドクター!』の「快眠術で健康になる」で紹介されていました。



スポンサーリンク
眠れないときに無理に布団にいると不眠症になる

眠れないときは寝ても睡眠の質が悪い

眠れないときは、眠くなるまで寝床に入ってはいけません。眠れないときに無理やり布団に入って寝ようとすると、眠れないことの不安感から余計に不眠につながります。

また、仮に寝たとしても眠りが浅くなるなど、睡眠の質も悪くなってしまうもの。質の悪い睡眠は、成長ホルモンの分泌を減らすため、脳と体の修復が不十分になって体にさまざまな支障をきたすのです。

さらに、眠れない経験を繰り返すことで布団に入るだけで無意識のうちに目がさえてしまいます。こうなると寝室に向かうだけで勝手に覚醒反応が出るようになってしまい、不眠症になってしまう可能性もあるのです。

眠れないときはいったん布団から出る

布団に入って30分以上たっても眠れないときは、いったん布団から出て暗い部屋で眠くなるまで待つのが正解です。眠くなってきてから布団に入るようにしましょう。

また、寝る前に腹筋運動など激しい運動を行うのは厳禁です。寝る直前に激しい運動を行うと、交感神経を高めてしまうため睡眠の妨げとなります。寝る前に体を動かすなら軽めのストレッチがおすすめです。

人は体温が下がると眠くなる性質があります。ストレッチを行うと抹消の血管が広がって一時的に体温が上昇。上がった体温がスムーズに下がることで、眠くなるというわけです。呼吸が乱れない程度のストレッチがよいでしょう。

■「眠れないとき」おすすめ記事
2か月で効果が出る快眠方法「夕方に散歩する」
眠れないとき無理に布団に入ってはいけない理由
寝る前のストレッチは「顔・首・背中」で快眠
泥のように眠るためのとっておきの3つの方法
よく眠れる方法「入浴したらすぐ寝る」は間違い

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事