ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

お尻の筋肉をボールでマッサージして腰痛を解消

なかなか収まらない腰痛は、日本人の80%が経験するといいます。そんな国民病ともいえる腰痛の意外な治し方が、お尻の筋肉マッサージ。しかも、テニスボールなどを使ってマッサージします。オリンピック金メダリストが考案したお尻の筋肉マッサージを紹介しましょう。



スポンサーリンク
お尻の筋肉をボールでマッサージして腰痛を解消

お尻の筋肉マッサージで腰痛を治す

腰痛を治すお尻の筋肉マッサージを考案したのは、長野オリンピック金メダリストである清水宏保さんです。ハードな練習で知られる清水さんは、腰に疲労がたまって椎間板ヘルニアと腰椎分離症を併発していました。

しかし、いくら病院で受診しても腰の痛みはまったく改善しません。そこで、さまざまな試行錯誤を繰り返した結果、お尻の筋肉マッサージにたどり着いたのです。しかもお尻の筋肉がほぐれると下半身の血流が一気に流れ出すので、腰痛だけでなく冷え症にも効果があります。

お尻の筋肉マッサージで、用意するのはボールです。テニスボールやカラーボール、野球のボールなど、気持ちいい硬さと大きさを選びます。それでは、具体的なお尻の筋肉マッサージのやり方を紹介しましょう。

お尻の筋肉をほぐすと血流がよくなる

まずは腰骨のボール1個分下にボールを当てながら横向きに寝てください。その状態で小刻みに揺れながらお尻の筋肉を刺激するのです。ボールを当てるポイントは、自分で動きながらツボを探します。

このとき、痛みを感じる場合はコリがあるということ。痛みが強い人はゴムボールなど柔らかいボールを使って、硬さを調整してマッサージします。このお尻の筋肉のコリをほぐすことで、腰痛を治すことができるのです。

お尻の筋肉は腰の神経の通り道でもあるとともに、下半身・上半身の血液が滞るポイントでもあります。お尻の筋肉をほぐすと血流がよくなって、腰の痛みがやわらいで代謝も上がるのです。

■「お尻」おすすめ記事
腰の痛みは「お尻」で治る!金メダリスト実践のストレッチ法

■「マッサージ」おすすめ記事
線維筋痛症の症状はマッサージしても治らない
小顔マッサージは黒かっさを使うと効果的だった
膵臓の位置を把握して直接マッサージする方法
耳下腺マッサージでアンチエイジングができる
便秘マッサージには1日10分のうつ伏せが効く
頭皮マッサージで若返り!しかも薄毛が改善した
頭皮マッサージで髪のハリとコシを取り戻す方法
血圧を下げるには1日10分ふくらはぎマッサージ
血圧を下げるには朝と晩の正座マッサージが効く

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事