ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

体を冷やす食べ物なら旬の野菜や果物がおすすめ

夏野菜は体を冷やす食べ物、冬野菜は体を温める食べ物です。旬の野菜は季節に応じた作用をしてくれる、伝統的な健康食材といえるでしょう。だからこそ、体を冷やす食べ物なら夏野菜が一番効くのです。漢方の世界では夏バテは立派な病気。漢方薬の力を借りるのも手かもしれません。



スポンサーリンク
体を冷やす食べ物なら旬の野菜や果物がおすすめ

体を冷やす食べ物なら旬の野菜や果物

そもそも人間の体は気温に合わせて体温を調整していますが、冷房の効きすぎなどで気温の変化が激しいと、体温を調整する自律神経の機能が低下します。すると食欲不振などの体調不良が発生。夏バテの原因は自律神経の調整機能の低下にあるのです。

気温が高くなると、ついつい冷たい清涼飲料を摂取しがち。しかし、体を冷やす食べ物ならスイカやキュウリ、ナスなど旬の野菜や果物がおすすめです。

また、体を冷やす食べ物だからといって、冷や麦など冷たい麺類ばかりでは炭水化物が多くなりがち。不足しがちなタンパク質、ビタミン、ミネラルを、おかずや具を食べることで補いましょう。

体を冷やす食べ物は食事前を避けたい

なお、体を冷やす食べ物だからといって、甘いジュースやアイスを食事の前にとるのもNG。血糖値が上昇して食欲が低下してしまうので避けるべきでしょう。

ちなみに、漢方の世界では夏バテは「注夏病(ちゅうかびょう)」と呼ばれる立派な病気。中国の医書では、注夏病に処方される代表的な漢方薬として「清暑益気湯(せいしょえっきとう)」を挙げています。

対象となる症状は、体が熱っぽい、胸が苦しい、小便が少ない、下痢ぎみ、食欲がない、じわじわといやな汗が出る、手足が抜けるようにだるい…など。「清暑益気湯」は、予防にも治療にもなるので、夏から9月まで服用可能です。

■「野菜」おすすめ記事
食物繊維は野菜ジュースにすると半分以下に減る
レンジで5分で作れる「野菜ジュースドリア」
コンビニ食材で作る「サバ缶ヘルシー野菜汁」
完熟バナナが5分!野菜ならではの驚きワザ
尿検査前日は野菜や果物のとりすぎに注意!
体を冷やす食べ物なら旬の野菜や果物がおすすめ

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。