ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

らっきょうの効能で乳酸菌が爆増されて便秘解消

らっきょうは茎を根元から切ると、たった数時間で芽が伸びてしまうほど生命力が強い野菜です。強さの秘密は、らっきょうに大量に含まれているフルクタンにあります。フルクタンには腸の乳酸菌を爆増してくれる効能があるため、なんと便秘解消の効果も期待できるのです。



スポンサーリンク
らっきょうの効能で乳酸菌が爆増させて便秘解消

らっきょうには乳酸菌を増やす効能

らっきょうのフルクタンには、とてもうれしい効能があります。乳酸菌を増やす効能です。

フルクタンを入れた液体と入れない液体を作ってシャーレに入れます。このシャーレに入った液体の表面に、人間の腸の中で生きている乳酸菌を塗布。培養したところ、フルクタン入りの液体は乳酸菌が増えていたのです。

腸の中の乳酸菌にとってフルクタンは大好物。フルクタンがあると乳酸菌が爆増するのです。このため、らっきょうには便秘解消の効能もあります。らっきょう農家の人たちも、食べるとストーンと出ると証言するほどです。

ただし、らっきょうには胃腸を刺激する成分が多いことも事実。食べ過ぎるとお腹がゆるくなる場合があるので注意しましょう。

らっきょうはさまざまな効能がある

そもそも、らっきょうは栄養豊富な食材。古くから漢方薬の主成分として用いられてきたほどです。昔からさまざまな効能があるとされてきました。

とくに、らっきょう特有の臭いの元である硫化アリルという成分。硫化アリルはビタミンB1の吸収を助け、疲労回復や滋養強壮に効果があります。また、硫化アリルには免疫力を高め、がんの予防にも効果があるとか。さらに血行促進により、冷え性や動脈効果、血栓の予防にも効果的とされています。

また、らっきょうは意外にも非常に多くの食物繊維を含有。食物繊維が多いといわれるごぼうは100gあたり5.7g含まれていますが、らっきょうには21gも含まれているのです。


スポンサーリンク

らっきょうの効能成分は熱に弱い

らっきょうの効能成分である硫化アリルは熱に弱いという特徴があります。らっきょうを火を通さずに酢漬けで食べるのは、栄養的に理にかなっているのでした。

らっきょうの効能を損なわない食べ方としてはナマもおすすめです。じつはエシャロットは、らっきょうを早採りしたもの。らっきょうの酢漬けは食べられなくても、エシャロットは大丈夫という人もいるでしょう。

すなわち、らっきょうはエシャロットのようにはナマでも食べられるということ。特産地である鹿児島では、ナマで食べるのが常識。鹿児島伝統のらっきょうの酢味噌あえは、ナマのらっきょうを刻んで酢味噌であえるだけです。

■「らっきょうの効能」おすすめ記事
らっきょうレシピ!余った甘酢漬けアレンジ
らっきょうレシピで嫌いな人でも食べられた!

■「乳酸菌」おすすめ記事
水キムチは乳酸菌の塊!漬け汁も捨てるべからず
乳酸菌の効果は動物性と植物性のバランスが大切

■「便秘」おすすめ記事
「便秘」は体に充満するガスが原因だった!
便秘の人は「くも膜下出血」になりやすい!?
食物繊維のとりすぎで便秘がさらに詰まる理由
インフルエンザの発症原因が「かくれ便秘」!?
血便の原因は便秘?虚血性大腸炎の症状と治療
腸腰筋を鍛えると大腸が刺激されて便秘が解消

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事