ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

女性向け腹筋エクササイズならインナーマッスル

腹筋運動だけではウエストは細くなりません。じつはウエストのゆるみは腹筋インナーマッスルを鍛えることで解消します。しかも毎日鍛えても腹筋が割れることもありませんから、まさに女性に打ってつけ。女性向け腹筋エクササイズならインナーマッスルがおすすめです。



スポンサーリンク
女性向け腹筋エクササイズならインナーマッスル

女性に多い胃下垂も腹筋の衰えが原因

ウエストがたるんでくる最大の原因は内臓下垂です。じつはウエストが太くなっているのは、表面的な脂肪が原因ではありません。根本的な原因はお腹の内側にある内臓の状態にあるのです。

内臓下垂は内臓を正しい位置に保持する筋力が低下して、胃や腸が骨盤のところまで落ちてしまった状態。女性に多い胃下垂も、こういった筋力の衰えが1つの原因です。

そして、この内臓を正しい位置に保持するのが腹筋インナーマッスル。このインナーマッスルの鍛え方には、できる限りお腹をへこませた状態をキープすること。そのようにお腹に力を入れると、インナーマッスルが鍛えられるのです。

腹筋インナーマッスルを鍛える

女性向け腹筋エクササイズで鍛える

さらに、女性向け腹筋エクササイズでインナーマッスルを鍛える方法を紹介しましょう。まず仰向けになってひざを曲げた状態にします。手はおへそに置いてください。

この体勢からおへそを引っ込めながら、手をひざに乗せるように上体を引き上げるのです。そのまま5秒キープします。腰を浮かさないようにしながらあごをひいて、肩甲骨が浮くくらいでOK。これを10回、繰り返してください。

コロコロと転がるだけでの女性向け腹筋エクササイズもあります。まず仰向けに横になったら、ひざを90度に立てます。この体勢からひざに手を伸ばして、上体を持ち上げてください。この状態がスタートポジションになります。

ここで腰の角度とひざの角度を維持して、そのまま後ろに倒れるのです。そして、ゆりかごのように再びスタートポジションに戻ります。後ろに倒れるときは両脚をお腹の筋肉で持ち上げるように意識。10回ほど往復します。


スポンサーリンク

女性は割れた腹筋を目指す必要がない

腹筋インナーマッスルを鍛えるときに、意識しなければならないのが胸式呼吸。お腹をへこませて力を入れたまま、胸を広げたり閉じたりして呼吸するのです。

一般的に女性には胸式呼吸が多く、男性には腹式呼吸が多いといわれています。実際、男性が胸式呼吸を行おうとすると、最初は苦労することがほとんど。その意味でこのインナーマッスルのトレーニングは、女性にとってハードルが低いといえるでしょう。

腹筋インナーマッスルはウエストが細くするもので、腹筋を割るような筋肉ではありません。まさに割れた腹筋など目指す必要のない、女性向けの腹筋エクササイズといえるでしょう。

■「女性の腹筋」おすすめ記事
女性の腹筋はインナーマッスルを鍛えるべし

■「女性」おすすめ記事
同じ尿酸値なら女性のほうが危ない – ためしてガッテン
40歳以上の女性7人に1人が「尿漏れ」で悩む

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
フラダンスで15kg減!インナーマッスル効果
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
高齢者は体操でインナーマッスルを鍛えるべし
関節痛が改善!やせるインナーマッスル健康法

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事