ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

サラダバーで健康になるための野菜の選び方とは

サラダバーで健康になるための野菜の選び方を紹介しましょう。サラダバーでは、アンチエイジングが期待できる若返る野菜を選ぶのがおすすめ。それには肌の老化を防ぐビタミンCと血管の衰えを防ぐケルセチンが重要です。サラダバーではどんな野菜を選ぶのが正解なのでしょう?



スポンサーリンク
サラダバーで健康になるための野菜の選び方

サラダバーでビタミンCを含む野菜

まず肌の老化を防ぐビタミンCを多く含む野菜からです。ビタミンCはコラーゲンの生成やシミの予防効果が期待できるため、肌の老化を防ぐのに役立ちます。

サラダバーによくある野菜でビタミンCを多く含むのは、水菜とブロッコリーとホウレンソウです。

もう1つの、血管の衰えを防ぐケルセチンが多い野菜はどうでしょうか。老化や病気の原因は血管の衰えから始まるといわれます。そんな若返りに有効なケルセチンを多く含んでいるのはタマネギです。

サラダバーの野菜は最初に食べる

サラダバーで注意すべきは野菜の選び方だけではありません。ドレッシングにも注意が必要です。野菜の栄養をより吸収しやすくするドレッシングがあります。

それは、オリーブオイルが入ったものを選ぶこと。オリーブオイルには、ビタミンAの吸収を助ける効果があるからです。

なお、サラダバーで選んだ野菜自体を食べる順番にも気を使いましょう。食物繊維が多い野菜を5分かけて食べると、血糖値の上昇が緩やかになるからです。血糖値の急上昇はシワなどの肌の老化を招きます。サラダバーで選んだ野菜は、食事の一番最初にゆっくり食べるようにしましょう。

■「野菜」おすすめ記事
食物繊維は野菜ジュースにすると半分以下に減る
レンジで5分で作れる「野菜ジュースドリア」
コンビニ食材で作る「サバ缶ヘルシー野菜汁」
完熟バナナが5分!野菜ならではの驚きワザ
尿検査前日は野菜や果物のとりすぎに注意!
体を冷やす食べ物なら旬の野菜や果物がおすすめ

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。