ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

血糖値を下げるセカンドミール効果ってなんだ?

いま注目されているのが、血糖値を下げるセカンドミール効果です。朝食に食物繊維が豊富なものを食べると、昼食での血糖値を下げる効果があるというもの。セカンドミール効果で血糖値を下げるには、朝食にオクラやモロヘイヤ、ゴボウを食べるのがおすすめです。



スポンサーリンク
血糖値を下げるセカンドミール効果ってなんだ?

血糖値を下げるセカンドミール効果

血糖値を下げるセカンドミール効果は、トロント大学のジェンキンス博士が1982年に発表しました。セカンドミールとは、2番目の食事という意味です。

博士は最初に食べる食事であるファーストミールと、次の食事であるセカンドミールの血糖値には関係性があることを発見。ファーストミールで食べるある食品がセカンドミール以降の血糖値を下げるというものです。

そして、セカンドミール効果で血糖値を下げるのが、オクラやモロヘイヤなどのネバネバ系の野菜。もしくは、ゴボウなどの食物繊維が豊富な野菜です。これらの食材が、昼食以降の血糖値を下げるのです。

太ることなく血糖値を下げる野菜

さて、野菜はヘルシーなイメージがありますが、さすがに夜に食べると太ってしまうものがあります。それは、糖質の多い野菜です。具体的には、イモ類やカボチャ、トウモロコシなどです。

糖質はたしかに、エネルギー源ではあります。しかし、摂取したあと動かなかったり頭を使わなかったりして、エネルギーに変わらなかったものは脂肪として蓄積されてしまうのです。

一方で、葉物野菜はカロリーが低いため、夜に食べても問題ありません。とくに、糖質が少なくて食物繊維が多いものは夜に食べても太りづらいといえます。太ることなく血糖値を下げる野菜なら、トマトやキャベツ、オクラなどがよいでしょう。

■「血糖値を下げる」おすすめ記事
血糖値を下げる糖尿病治療「食前キャベツ」とは?
チャーシューメンを食べて血糖値を下げる方法
血糖値を下げるヒートショックプロテイン入浴
血糖値を下げるには太ももを鍛えるのが一番
血糖値を下げる方法は「筋肉を動かす」ことだった
膵臓の働きはインスリン製造と血糖値のモニター
血糖値を下げるのに食前キャベツが効果的な理由

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事