ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

炭水化物抜きダイエットは逆に太りやすくなる

ご飯やパンなどの主食を食べない炭水化物抜きダイエットは、じつは効果がないのだとか!? とはいえ、実際に炭水化物抜きダイエットでやせた人が多いのも事実。いったいなぜ効果がないのでしょうか? 『ジョブチューン』の「医者ぶっちゃけSP」で取り上げられていました。



スポンサーリンク
炭水化物抜きダイエットは逆に太りやすくなる

炭水化物抜きダイエットは痩せる

炭水化物抜きダイエットで一時的に痩せることは事実です。しかし、炭水化物を抜いたダイエットを長期間継続していると、逆に太りやすい体質になってしまいます。

炭水化物は、人間のエネルギーとして一番大事なもの。その炭水化物を抜き続けると、代わりに筋肉の一番の原料になるタンパク質など、ほかのものを燃やして補おうとする体質になってしまうのです。

炭水化物抜きダイエットを続けると筋肉はどんどん減ってしまって、最終的には基礎代謝が減少。こうなると食べものが燃焼されなくなるため、非常に太りやすい体質に代わってしまうのです。

炭水化物抜きダイエットでリバウンド

そして、最終的に炭水化物を再び食べ始めたら最後、一気にリバウンド。つまり、炭水化物抜きダイエットは、リバウンドしやすいのです。

すなわち、炭水化物抜きダイエットは効果がないというのは、痩せないという意味ではありません。痩せている一方で、太りやすい体質に変わってしまうことが、効果がないといっているのです。

また、人間の脳は糖をエネルギー源にしています。炭水化物を完全に抜くと脳の機能が低下。将来的には、認知症になってしまうリスクが高くなるのでした。

■「炭水化物抜きダイエット」おすすめ記事
長期的には危険だった!炭水化物ダイエット
炭水化物抜きダイエットは認知症になりやすい!?
炭水化物抜きダイエット「もどきご飯」作り方

■「ダイエット」おすすめ記事
「食べる順番ダイエット」意外な盲点とは?
長期的には危険だった!炭水化物ダイエット
睡眠不足と不規則な生活はダイエットの大敵
徹底検証「ダイエット」7つのウソ・ホント
1週間で効果が現れた「朝食抜きダイエット」
はらすまダイエットは体の中も健康にする!
不眠症の原因は「無理なダイエット」にあった

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事