ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

足の付け根のストレッチで一週間で腰痛が改善

足の付け根の異常が長引く腰痛の原因です。そこで、足の付け根の症状をやわらげて、腰痛を解消・予防する方法を紹介しましょう。実際に足の付け根のストレッチを実践すると一週間後には本当に腰の痛みがなくなったのです。『みんなの家庭の医学』で取り上げられていました。



スポンサーリンク
足の付け根のストレッチで一週間で腰痛が改善

足の付け根の異常を予防する効果

足の付け根のストレッチは、無理なく足の付け根を動かすことによって、軟骨に栄養が行き渡るように改善。同時に周りの筋肉がほぐれ、腰痛などの症状が改善します。さらに、いま痛みのない人にも足の付け根の異常を予防する効果があるのでぜひ試したいところです。

1つめの足の付け根のストレッチは「足広げ運動」。まずは軽く足を揃えて、イスに浅く腰掛けます。あとは、足を開いたり閉じたりして股関節を動かすだけと、やり方はとても簡単です。

もう1つの足の付け根のストレッチが「骨盤起こし運動」。こちらもイスに浅くかけて、お腹を引っ込めた状態からおへそを突き出します。こうして骨盤を前後に倒すのです。肩は動かさずに、おへそだけを出し入れしてください。

足の付け根の異常による腰痛が解消

2つの足の付け根のストレッチをそれぞれ10回1セットにして、毎日2~3セット行いましょう。早ければ一週間程度で効果が現れます。

実際、足の付け根の異常による腰痛を持つ人に、この足の付け根のストレッチを実践してもらいました。すると、一週間後には本当に腰の痛みが解消したのです。

足の付け根のストレッチは長期間、無理なく続けることでさらなる効果が期待できます。姿勢や足の付け根の動きが悪くて腰痛持ちの人は、ぜひ試してみてください。

■「足の付け根」おすすめ記事
足の付け根の軟骨がすり減りが腰痛の原因だった
足の付け根の異常をチェック!パトリックテスト
湯たんぽのおすすめ置き場は脚の付け根の外側

■「腰痛」おすすめ記事
仙腸関節ストレッチでオフィスで腰痛を改善
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
腰の痛みは「お尻」で治る!金メダリスト実践のストレッチ法
1日5分「仙腸関節ウォーキング」で腰痛予防
新型腰痛「脊髄終糸症候群」手術で完治する
腰痛を予防するなら2つの枕を離して置くべし

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事