ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

足の付け根の軟骨がすり減りが腰痛の原因だった

腰痛の85%は原因不明ともいわれています。そんな腰痛の原因が、じつは「足の付け根」にあることがわかってきました。足の付け根の軟骨がすり減ることで腰痛を引き起こしていることがあるのです。『みんなの家庭の医学』の「長引く腰痛の意外な新原因」で取り上げられていました。



スポンサーリンク
足の付け根の軟骨がすり減りが腰痛の原因だった

足の付け根の軟骨がすり減って炎症

足の付け根は、私たちの体の中でもっとも大きな関節です。足の付け根は大腿骨の端にある直径5cmほどの大きな丸い骨と、それを受ける骨盤のお椀のような部分が組み合わさったもの。人体の要ともいえる関節です。

足の付け根のすき間でクッションの役割を果たしているのが軟骨。この足の付け根の軟骨がなんらかの原因によってすり減ることで周りの組織に炎症がおきて、腰痛を引き起こすことがあるのです。

実際に足の付け根に異常がある人のレントゲン写真を見てみましょう。正常な人の場合、大腿骨と股関節の間は一定の間隔が空いています。これは軟骨があるためです。

足の付け根の異常による腰痛の特徴

ところが、足の付け根に異常のある人の場合は軟骨がすり減って、正常な人よりすき間が狭くなっているのがわかります。こうなると骨同士がぶつかり合って、痛みが引き起こされるのです。

それでは、足の付け根の異常がなぜ腰痛を引き起こすのでしょう? それは足の付け根の痛みが神経を通じて脳へと伝わる途中で、近くを通る腰の神経と混線。脳が腰痛と勘違いしてしまうことがあるのです。

この足の付け根の異常による腰痛の特徴は、腰からお尻、足にかけての痛みがあること。じつは腰痛と思い込み、足の付け根の異常に気づいていない潜在患者も少なくありません。

■「足の付け根」おすすめ記事
足の付け根の異常をチェック!パトリックテスト
足の付け根のストレッチで一週間で腰痛が改善

■「腰痛の原因」おすすめ記事
注射も効かない腰痛は「一本の糸」が元凶!?
腰痛の新原因「股関節の異常」2つの原因

■「腰痛」おすすめ記事
仙腸関節ストレッチでオフィスで腰痛を改善
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
腰の痛みは「お尻」で治る!金メダリスト実践のストレッチ法
1日5分「仙腸関節ウォーキング」で腰痛予防
新型腰痛「脊髄終糸症候群」手術で完治する
腰痛を予防するなら2つの枕を離して置くべし

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事