ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

肌にいい食べ物なら1日2本のバナナで決まり

美肌と密接に関わっているのが腸内環境です。肌トラブルの原因が腸の状態にあることも多いもの。そんな腸内環境を改善する肌にいい食べ物が「1日2本のバナナ」です。『駆け込みドクター!』の「腸の7つのスゴい力SP」で取り上げられていました。



スポンサーリンク
肌にいい食べ物なら1日2本のバナナで決まり

肌にいい食べ物が1日2本のバナナ

腸内環境で悪玉菌が増えると、便秘になりやすくなります。便秘になると、排泄できない便などから有害物質が発生。血液中にも有害物質が増えて血流が悪化するといわれています。すると、血行不良によって肌荒れやニキビ、吹き出ものが出やすくなるのです。

そんな悪化した腸内環境を健康な状態に戻す肌にいい食べ物があります。それが「1日2本のバナナ」なのです。

1日2本のバナナが肌に潤いをもたらすことを実証した実験があります。30代と40代の女性に、1日2本のバナナを4週間食べ続けてもらうというものです。その結果、肌の潤いに欠かせない水分と油分が、摂取する前と比べて増加しました。しかもバナナの摂取をやめると、水分量が下がったのです。

肌にいい食べ物なのは善玉菌のエサ

マグネシウムや食物繊維、オリゴ糖などがバナナの成分。これらは排便を助ける善玉菌のエサになります。このため、悪玉菌を減らして善玉菌が増やす効果があるというわけ。バナナが肌にいい食べ物なのはこのためです。

また、バナナは肌にいいだけではありません。バナナに含まれるオリゴ糖は、善玉菌のエサとなるだけでなく、血中コレステロール減少や腎機能向上、血糖値の正常化など、さまざまな健康効果も期待できるのです。

なお、腸は「第二の脳」とも呼ばれている器官。じつは腸だけは、脳との神経を切っても活動を続けることが可能。腸は独自に活動できる神経ネットワークを持っているのです。

■「肌荒れ」おすすめ記事
食べてすぐ寝ると「肌が荒れる」って知ってた?
偽ニキビの治し方!3タイプある原因と対策とは?
背中ニキビの原因は「マラセチア菌」だった
鼻にできたニキビは死に至るめんちょうかも!?
その大人ニキビは顔にできたイボかもしれない
シワの原因は骨の老化!1日2分の若返り運動
「首のシワ」が白のコンシーラーで消えた!

■「バナナ」おすすめ記事
バナナの保存期間を3週間に伸ばす方法とは?
バナナは保存性と引き換えに甘さを失った
バナナの花は先端側!だから先端のほうが甘い

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事