ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

脂肪を落とすにも内臓脂肪と皮下脂肪で違う

ダイエットで脂肪を落とすといっても、そのターゲットは内臓脂肪と皮下脂肪の2種類あります。そして、それぞれの違いを知っておけばダイエットがより効率的にできるようになるのです。効率的に脂肪を落とすための内臓脂肪と皮下脂肪の基礎知識を解説していきましょう。



スポンサーリンク
脂肪を落とすにも内臓脂肪と皮下脂肪で違う

内臓脂肪はすぐに落とすことが可能

皮下脂肪は、お腹の皮膚の下にあってつかむことができる脂肪。一方の内臓脂肪は腹部の内臓の周りにあるものです。そして、家庭にある体重計に付いているのは一般的に体脂肪計。これは内臓脂肪と皮下脂肪の合計値です。

それぞれどんな割合なのかは、病院でCT検査などを受けなければわかりません。ただし、大きな目安として腹筋にグッと力を入れてつかめるお肉が皮下脂肪です。このお肉がつかめる部分が少ないのに体脂肪率が高い場合は、内臓脂肪が多いと判断できます。

脂肪を落とすことに関しては、内臓脂肪が普通預金だとするなら、皮下脂肪は定期預金にたとえられます。内臓脂肪は運動すればすぐに落とすことが可能で、逆にちょっと多めに食べたら増える変動しやすいもの。一方の皮下脂肪は、いったん溜まってしまうとなかなか落とせません。

皮下脂肪を落とすのに有効な方法

ダイエットで脂肪を落とすなら、最初にターゲットにすべきは内臓脂肪。とくに、空腹時には内臓脂肪がエネルギーとして使われるタイミングです。

お腹がグーッと鳴ったら内臓脂肪を落とすチャンスと考えましょう。できるだけ空腹を我慢してから食事すると、そのぶん内臓脂肪が燃焼します。炭水化物の量を減らすのも内臓脂肪を落とす手っ取り早い方法です。

内臓脂肪を落とすことができたら、次のターゲットは皮下脂肪。皮下脂肪を落とすには、有酸素運動と筋トレの両方を行うことが有効な方法です。こうして脂肪の種類と特徴を把握することで、効率的にダイエットができます。

■「内臓脂肪」おすすめ記事
尋常性乾癬に肥満は厳禁!過剰な内臓脂肪が原因
インスリン抵抗性の原因は「内臓脂肪」だった
内臓脂肪の落とし方は空腹を少し我慢しての食事
内臓脂肪を減らすなら歩きを運動に変えればよい
内臓脂肪レベルを減らすチャンスは空腹感だった
内臓脂肪の危険度レベルがわかるセルフチェック

■「脂肪」おすすめ記事
標準体重なのに脂肪肝!?「NASH」って何?
悪玉コレステロールの元凶は「飽和脂肪酸」
膝の痛みの原因「皮下脂肪」をつまんで治す
アディポネクチンを増やすには脂肪量を増やす!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。