ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

インナーマッスルの鍛え方「点字ブロック歩き」

ウエストまわりが太くなる原因は内臓下垂にあります。そして、内臓下垂を解消するのが腹筋のインナーマッスルです。インナーマッスルの鍛え方としておすすめしたいのが「点字ブロック歩き」。点字ブロックがどうしてインナーマッスルの鍛え方につながるのか解説していきます。



スポンサーリンク
インナーマッスルの鍛え方「点字ブロック歩き」

インナーマッスルの衰え

ウエストが太くなるのは内臓下垂が原因です。内臓下垂は、内臓を支える腹筋のインナーマッスルが衰えて、胃や腸が本来ある位置から骨盤のところまで落ちてしまった状態のことです。

お腹の臓器が全体的に下に寄ってしまうため、ウエストまわりが太くなるわけです。ウエストというと脂肪ばかりに目が行きがちですが、じつは胴体そのものがインナーマッスルの衰えで太くなっているのでした。

そんな内臓下垂を解消するインナーマッスルの鍛え方が「点字ブロック歩き」です。点字ブロック歩きの前に、まずは基本的な腹筋インナーマッスルの鍛え方から紹介しましょう。

腹筋インナーマッスルを鍛える

インナーマッスルの鍛え方

インナーマッスルの鍛え方は、まず歩きながら息を吐き切ってお腹をペチャンコにへこませます。ここで腹筋と背筋に力を入れ、頭の頂点から糸で吊るされているイメージでて背筋をまっすぐに伸ばすのです。

足を前に出すときは、後ろ足で腰を前に押し出すイメージ。このとき後ろ足の付け根と腹筋のあいだを意識します。足を出すたびに、この部分が伸びているのを確認しながら歩いてください。

このウォーキングでも十分に効果的が、さらに効果を高めるインナーマッスルの鍛え方が「点字ブロック歩き」。歩道に設置されている表面がボコボコとなっている視覚障害者誘導用ブロックの上を歩きます。

歩道や駅構内を歩くときには、点字ブロックを歩くようにするだけで効果が倍増。実際にお腹をへこませた状態で点字ブロックの上を歩いてみると、平坦な道よりも明らかに腹筋へ負荷がかかっていることが実感できます。不安定な足元が、より細かな刺激をインナーマッスルに与えるのです。

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
フラダンスで15kg減!インナーマッスル効果
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
高齢者は体操でインナーマッスルを鍛えるべし
関節痛が改善!やせるインナーマッスル健康法
真向法でインナーマッスルを鍛えて転倒防止!
インナーマッスルの鍛え方は日常のちょい足し
大腰筋を鍛える「歩幅1.5倍」ウォーキング

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事