ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

よく眠れる方法「入浴したらすぐ寝る」は間違い

子どものころ、親から「お風呂に入って体が温まったらすぐ寝なさい」といわれた経験は多いはず。それこそがよく眠れる方法と信じて疑わない人も多いでしょう。じつはこれ、大人のよく眠れる方法としてはよくありません。「入浴したらすぐ寝る」はよく眠れる方法ではないのです。



スポンサーリンク
よく眠れる方法「入浴したらすぐ寝る」は間違い

よく眠れる方法がわかる実験

「入浴したらすぐ寝る」がよく眠れる方法ではことがわかる実験があります。「寝る3時間前にお風呂に入るグループ」と「寝る直前にお風呂に入るグループ」で、それぞれに脳波計をつけてグッスリ眠れているかどうか調べたものです。

いずれのグループも午後10時に就寝。その後の脳波を比較しました。すると、早めにお風呂に入ったグループは脳波の波の間隔が広く、熟睡している状態。徐波睡眠と呼ばれる、深い睡眠であることを示しています。

一方、寝る直前に入ったグループは波の間隔が狭く、シャープな波形。これは浅い睡眠で、熟睡できていないことを示しています。

よく眠れる方法は3時間前入浴

よく眠れる方法として重要なのは、寝る前に体と脳の温度を下げるタイミングです。寝る直前に脳の温度を上げてしまうと、脳が冷えません。そうすると、よく寝付けないのです。

脳の温度を上手に下げるタイミングが「寝る3時間前の入浴」。いったん上がった脳の温度が3時間かけて徐々に下がっていきます。この脳の温度の落差が大きいと、睡眠を誘う物質であるメラトニンがたくさん分泌。よく眠れるのです。

すなわち「入浴したらすぐ寝る」はよく眠れる方法としては間違い。正しくは「寝る3時間前の入浴」こそが、よく眠れる方法なのでした。

■「よく眠れる方法」おすすめ記事
2か月で効果が出る快眠方法「夕方に散歩する」
眠れないとき無理に布団に入ってはいけない理由
寝る前のストレッチは「顔・首・背中」で快眠
泥のように眠るためのとっておきの3つの方法

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事