ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

汗腺を鍛えて痩せる汗にすればダイエットできる

ただ汗をかけばダイエットできるわけではありません。汗には「痩せる汗」と「痩せない汗」があります。その鍵を握るのが汗腺。汗腺を鍛えて痩せる汗に変える方法を紹介しましょう。『あの日に帰りたい9』の「ダイエット常識で大変身SP」で取り上げられていました。



スポンサーリンク
汗腺を鍛えて痩せる汗にすればダイエットできる

汗をかかないと汗腺が減少する

人間の体は、代謝をすると熱が出ます。その熱を下げる唯一の方法が汗です。汗をかいて蒸発するときの気化熱で体温を下げています。

そして、汗をかけない人は熱を下げることができません。すると体は最初から熱を出さないように、低代謝になってしまうのです。

日常生活であまり汗をかいていないと、日常生活で働く汗腺の数が減少します。しかも、汗腺の機能も低下してしまうのです。これはエアコン依存や運動不足などの生活習慣が、汗をかけない体質を招くといいます。

ただし、ただ汗をかけばよいというわけではありません。汗には「痩せる汗」と「痩せない汗」があるからです。痩せる汗は「サラサラ・粒が細かい・臭わない・味がしない」ことが特徴。一方「ベトベト・粒が大きい・汗臭い・しょっぱい」のが痩せない汗です。

汗腺を鍛えて痩せる汗をかく

汗腺は本来、血液から水分のみを汗として出します。しかし、汗腺の機能が低下すると、血液中の塩分など代謝に必要なミネラルも汗と一緒に出してしまうのです。

そんなベトベトした痩せない汗を簡単に見分ける方法があります。それは汗をかいた額に500円玉を貼り付けて、ペタッと貼り付くかどうか試すのです。貼り付くのは粘着性があるということ。ベタベタした痩せない汗です。

ダイエットするなら眠った汗腺を鍛えて機能を高めて、痩せる汗をかくことが大切。じつは汗腺は鍛えるとすぐに元に戻るもの。汗腺は衰えやすいが鍛えやすい…というのが特徴なのです。

■「汗腺」おすすめ記事
汗が臭いのは「悪い汗」をかいている証拠だった
汗が臭いのではなく古くなった汗が臭くなる件
冷や汗の原因が不明なら無痛性心筋梗塞かも
心筋梗塞の症状の特徴は原因不明の「冷や汗」
手汗は局所多汗症!交感神経を切断すれば治る
汗腺トレーニング「いい汗」かく3ステップ

■「痩せる」おすすめ記事
食べて痩せるラム肉を使った代謝アップ料理
ハイボールダイエットは糖質制限の原理で痩せる
インナーマッスル腹筋を鍛えて痩せる3ステップ
ドローイン効果で内臓下垂を解消して痩せる方法

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事