ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

女性の薄毛にはプロペシアでなくリアップが効く

男性の薄毛は男性ホルモンの働きがおもな原因。これに対して女性の薄毛は原因がさまざまで対処が難しいものです。薬の効果が期待できる女性の薄毛もあるので、まずは正しい知識を得ることが大切です。そこで、女性の薄毛の原因を詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
女性の薄毛にはプロペシアでなくリアップが効く

女性の薄毛にはリアップが効く

日本人は髪の毛が平均約10万本あり、自然な状態でも1日に50~100本は抜けています。髪の毛1本1本には2~6年かけて成長する成長期、その後の2~3週間の退行期、3~4か月の休止期があります。

髪の毛はこのサイクルを繰り返して、生え変わっているのです。そして、この髪のサイクルが乱れると「薄毛」がおこります。

女性の薄毛で多いのは、40~60歳ごろから頭頂部が「O型」に薄くなり地肌が透けてみえる女性型脱毛です。女性の男性型脱毛とも呼ばれますが、男性ホルモンの影響で薄毛になる女性は少ないようです。

このため女性の薄毛には、男性ホルモンの効果を抑えるフィナステリドの成分を含む飲み薬「プロペシア」は適応外。一方、血流をよくして毛の成長を促すミノキシジルの成分を含む塗り薬「リアップ」は女性にも効くことが確認されています。

女性の薄毛では休止期脱毛も目立つ

ただし、髪の毛は月に1センチ程度しか伸びないため、薬の効果は実感しにくいものです。女性の薄毛には少なくとも半年、できれば1年は続けたいところ。薬を使う前と使用中の髪の毛の様子をカメラで撮影して、変化を見るとよいかもしれません。

女性の薄毛では、ストレスの影響を受けて抜け毛が多くなる「休止期脱毛」も目立ちます。急激なダイエットや出産などで大きなストレスがかかったあとになりやすいのが特徴です。

休止期脱毛のほとんどは一時的な症状にとどまり、徐々に元に戻ります。しかし、繰り返してしまうと髪の毛の成長のサイクルが戻らずに産毛状になってしまうこともあるので注意が必要でしょう。

■「薄毛」おすすめ記事
フィナステリドで薄毛の98%は止められる!
頭皮マッサージで若返り!しかも薄毛が改善した
薄毛を改善するシャンプー法!タイプ別に解説
薄毛対策「1分間頭皮マッサージ」のやり方
薄毛対策には水シャワーが効果的な理由とは?

■「毛」おすすめ記事
ほくろ毛を抜いてはいけない理由と大仏の関係
鼻毛を抜くのは危険!化膿して死亡する例も
シャンプーを止めたら抜け毛が本当に治った!

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事