ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

ルチンを多く含むアスパラガスは高血圧に効く

ルチンは野菜の中でも、とくにアスパラガスに多く含まれているポリフェノールの一種。ルチンは血管を傷つける活性酸素を無力化する働きがあります。このため、血圧の低下に効果があるのです。『あさイチ』の「今が旬!魅惑のアスパラガス」で取り上げられていました。



スポンサーリンク
ルチンを多く含むアスパラガスは高血圧に効く

ルチンはアスパラガスに多く含まれる

いま、最新の研究でアスパラガスの新たなパワーが明らかになっています。高血圧や糖尿病の予防につながる効果が科学的に実証されようとしているのです。

4年前、アスパラガスの栄養分が生活習慣病の改善につながるのか、臨床研究を行いました。アスパラガスの粉末を協力者に毎日6g、10週間摂ってもらって効果を調べたのです。その結果、顕著に効果が現れたのが血圧。平均で最高血圧がが130台から120台へ、最低血圧が80台から70台へ下がったのでした。

アスパラガスの機能性成分はいくつかありますが、これは「ルチン」が効いた可能性が高いといいます。ルチンは、野菜の中でもアスパラガスに多く含まれているポリフェノールの一種です。

ルチンの含有量が5~10倍も多くなる

ルチンが血液中にあると、血管を傷つけて弾力を失わせる活性酸素と結び付き、無力化してくれます。さらに、弾力が弱まった血管の回復にも貢献。それが血圧の低下につながるのです。

ルチンの効果として、ほかにも総コレステロールや空腹時血糖値を下げることもわかってきていました。さらに、ストレスを軽減する効果も見られるといいます。

そして、アスパラガスを食べるなら春が旬。春物のアスパラガスは夏のものと比べて、ルチンの含有量が5~10倍も多くなるのです。

■「高血圧」おすすめ記事
血圧が高い人の「やってはいけないことリスト」
チョコレートの高血圧の改善効果は本当か?
チョコレートの効果といえば高血圧の改善!

■「血圧」おすすめ記事
1日10分「ふくらはぎ健康法」で血圧を下げる!!
その場で血圧を下げる「合谷+腹式呼吸」とは
血圧を下げるには板チョコ3分の2とココア2杯
血圧の変動幅を抑えるためのポイントとは?
腎臓病の3つのサイン「尿・むくみ・血圧」
低血圧の人が朝に弱いというのはウソだった

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事