ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

インナーマッスルと体幹はイコールではなかった

サッカー日本代表の長友佑都選手が書いた体幹トレーニングの本がベストセラーになるなど、体幹という言葉もすっかりおなじみ。この体幹と、ダイエットなどで耳にするインナーマッスルとはどのような違いがあるのでしょう? 体幹とインナーマッスルの違いを解説します。



スポンサーリンク
インナーマッスルと体幹はイコールではなかった

インナーマッスルは姿勢を細かく調節

体幹とは、頭・腕・脚以外の胴体すべての筋肉のことです。一方のインナーマッスルは、体の表面に見える表層筋とも呼ばれるアウターマッスルに対しての深層筋のことになります。インナーマッスルは、おもに姿勢を細かく調節したり、関節の位置を正常に保ったりするという働きをしています。

一方、体幹を鍛えると運動時の体の安定性が高まってパワーがアップします。脚の力を腕に伝えるなど、体幹には力の伝達機能も備わっているため、スポーツ時のパフォーマンス向上につながるわけです。

このため、トップアスリートたちも体幹に注目。女子プロゴルフの宮里藍選手も「ゴルフで必要なのは体幹」と話しますし、プロ野球・巨人の内海哲也投手も「体幹がしっかりしたことで上体のブレが少なくなった」とコメントしています。

体幹のインナーマッスルを鍛える

インナーマッスルは一般人向けの運動

体幹を鍛えるとは、胴体のインナーマッスルとアウターマッスルの両方を鍛えることになります。逆に、インナーマッスルを鍛えるときは、胴体だけに限りません。

ダイエットのインナーマッスルは、腹筋や股関節まわりが注目されていますが、じつは肩や腕にも存在しているのです。すなわち、体幹を鍛えることにインナーマッスルも含まれますし、インナーマッスルを鍛えることに体幹も含まれます。

とはいえ、両者はイコールの存在ではありません。乱暴に切り分けるなら、体幹はアスリート向けの運動で、インナーマッスルは一般人や高齢者向けの運動といえるでしょう。

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
インナーマッスルの鍛え方!自宅の筋トレメニュー
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
フラダンスで15kg減!インナーマッスル効果
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
高齢者は体操でインナーマッスルを鍛えるべし
関節痛が改善!やせるインナーマッスル健康法
真向法でインナーマッスルを鍛えて転倒防止!

■「体幹」おすすめ記事
階段がラクラク上れる「体幹トレーニング」

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事