ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

緊張をほぐす方法は無理にでも鼻歌を唄うこと

プレゼンやテストの前などはリラックスしたくても、緊張してしまうもの。そんなときに緊張をほぐす方法を紹介しましょう。無理にでも椅子に深く座って、鼻歌を唄うとリラックスできます。『ホンマでっか!?TV』の「最新リラックス法23」で取り上げられていました。



スポンサーリンク
緊張をほぐす方法は無理にでも鼻歌を唄うこと

緊張をほぐす方法は鼻歌を唄うこと

緊張をほぐす方法の参考になるのが、イスに「深く座るグループ」と「浅く座るグループ」の心拍数を比較した実験です。両者を比べると、深く座るグループの心拍数が大きく下がっていたのです。これはリラックスした体裁を作ることが大切なことを意味しています。

同様に「鼻歌を唄うグループ」と「しゃべらないグループ」を比べると、鼻歌を唄うグループの心拍数が下がっていました。ふだんならリラックスして鼻歌が出ますが、先に鼻歌を歌うことであとからリラックスするのです。

つまり緊張をほぐす方法は、先に体をリラックスさせるということ。脳をだますことが、結果的に緊張をほぐす方法になるわけです。

緊張をほぐす方法は息を吐くこと

さらには緊張をほぐす方法に参考になる実験があります。「息を吐くグループ」と「息を吸うグループ」を比べると、息を吐くグループのほうがリラックス度が高かったといいます。

これは、緊張時には息を吐くことを忘れている傾向があるためです。意識して息を吐くことで体がリラックスした結果、脳がリラックス。緊張をほぐす方法になるというわけです。

ただし、リラックスしすぎるのもよくありません。会議中やテスト中などは、ある程度の緊張感が必要。そういうときは、逆にイスに浅く座るのがオススメです。想起力や集中力が高まります。

■「緊張」おすすめ記事
几帳面すぎる性格が緊張型頭痛の原因だった
緊張型頭痛に隠された長引く頭痛の本当の原因
緊張型頭痛を解消するカンタン首こりストレッチ
偏頭痛の対処方法と緊張型頭痛の対処方法の違い

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事