ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

食後寝るとき「右を下」にするのは間違いだった

食後寝るとき「右を下」にする人が多いのでは? じつはこれ、大きな誤解。どうしても食後に寝るとしたら「左を下」にしたほうが胸やけになりにくいのです。そのメカニズムを詳しく見ていきましょう。『ためしてガッテン』の「胸やけ!長引く新理由」で紹介されていました。



スポンサーリンク
食後寝るとき「右を下」にするのは間違い

7割の人が食後に寝る向きは「右を下」

内臓のイラストを見ると、胃の形は左上から右下に向かっているもの。その形状を考慮すると、食後すぐ寝るなら「右を下」にすると消化によさそうな気がします。実際、街頭インタビューでも7割の人が、食後に寝る向きは「右を下」にしたほうがよいと答えました。

しかし、これは大きな間違い。食後に寝るなら「左を下」にするのが正解です。その原理は、胃の消化のプロセスを理解するとよくわかります。

口から入った食べ物は胃に溜まります。胃というのは、左上から右下に「そら豆」のような形をしているところまでは間違っていません。ただし、食べ物が溜まる場所に誤解があるのです。

食べてすぐ寝るなら左を下にする

食後「右を下」で寝ると食べ物が逆流

じつは胃は上部に食べものが溜まる構造になっています。胃の上部がいわば棚のようになっていて、上のほうに食べ物は滞留しているのです。

このとき「右を下」にして寝ると食道のほうが下になるため、食べ物が食道に逆流してしまいます。ところが「左を下」にして寝ると食道のほうが上に、胃の中の食べ物はまったく動かないのです。

これが食後寝るときは「左を下」にすると胸焼けしないメカニズム。胃の消化のプロセスを理解すれば、おのずと正しい向きがわかるのです。

■「食後寝る」おすすめ記事
食べてすぐ寝ると「肌が荒れる」って知ってた?

■「食後」おすすめ記事
薬を食後に服用といっても食事の直後は大間違い
食後の運動はダイエットにはまったく効果ナシ

■「寝る」おすすめ記事
食べてすぐ寝るなら本当は「左が下」が正解!
腰痛が改善「抱き枕」ひざ下に入れて寝る方法
寝る前のストレッチは「顔・首・背中」で快眠
昼寝効果を高める寝る30分前のコーヒーの秘密

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事