ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

スクワットでインナーマッスルを鍛える方法とは

スクワットでインナーマッスルを鍛える方法があります。通常のスクワットは太ももを鍛えるもの。インナーマッスルを鍛えるスクワットはちょっとしたコツが必要です。『別冊主治医が見つかる診療所』の「誰でも簡単!インナーマッスルを強くする方法」で取り上げられていました。



スポンサーリンク
スクワットでインナーマッスルを鍛える方法とは

骨盤を垂直にしてスクワットを行う

スクワットは特別な器具なしで始められるポピュラーな筋トレ。スクワットは足を開いて体を前傾させて、ひざを深く曲げて行うものです。しかし、インナーマッスルを鍛えるスクワットはちょっと違います。

簡単にいえば、床に対して背骨を垂直にして、本当に腰掛けるようにひざを曲げていくのです。垂直を保てないと思うところギリギリがんばったら、そこで元の姿勢に戻ります。

具体的には、まず足を肩幅よりやや狭く広げて、両手を前に上げたら準備完了。この体勢から、骨盤を地面に対して垂直にすることを意識してスクワットを行うのです。ひざを曲げるときは息を吸い、ひざを伸ばすときに息を吐きます。

インナーマッスルが働くスクワット

このスクワットを行うと、姿勢を垂直に保とうとすることでインナーマッルがよく働きます。実際にやってみると、お腹の奥にある筋肉が使われている実感があるでしょう。

通常のスクワットは太ももがターゲットですが、このスクワットは下腹部を中心としたインナーマッスルが鍛えられます。1日5回ほど行うだけで、ぽっこりお腹を解消することができるでしょう。

インナーマッスルを鍛えることは代謝を高めることにつながります。インナーマッスルを鍛えるスクワットには、ダイエット効果も期待できるのでした。

■「スクワット」おすすめ記事
骨盤底筋群を鍛える簡単プロポーズスクワット!?
吉川メソッドの上体反らしスクワットでひざ美人

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
ぽっこりお腹を解消する「内臓下垂」の治し方
掃除しながら尿漏れ予防「骨盤底筋」鍛え方
大腰筋を鍛える「歩幅1.5倍」ウォーキング
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事