ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

階段を足裏全体で踏んでインナーマッスルを強化

ダイエット効果も期待できるインナーマッスルは、日常生活のさまざまな場面で鍛えられます。ここでは、階段を上りながらできるインナーマッスルの鍛え方を紹介しましょう。『別冊主治医が見つかる診療所』の「インナーマッスルを強くする方法」で取り上げられていました。



スポンサーリンク
階段を足裏全体で踏んでインナーマッスルを強化

階段でインナーマッスルを強化する

じつは、きれいな骨や関節の配列で上手に階段を上がることを意識するだけで、インナーマッスルを鍛えることができます。それが、階段を上りながらできるインナーマッスルの鍛え方です。

インナーマッスルの鍛え方で、まず意識するのはひざの位置。階段に足をかけたとき、足先よりもひざが前に出るのは間違いです。

これではひざに負担がかかってしまうため、ひざを痛める原因にもなります。とくに足先で踏み込む意識が強いと、ひざが前に出やすいのです。

股関節周辺のインナーマッスルを強化

そこで階段を上るときは、足裏全体で踏み込むことを意識します。するとひざが足先よりも前に出ず、負担がほとんどかかりません。

そして、足裏全体で踏み込むことでもっとも重要な効果が、股関節周辺のインナーマッスルが鍛えられること。脚全体を引き上げる意識が必要になるため、自然とインナーマッスルが強化されるのです。

上り階段を見たら、インナーマッスルを鍛えるチャンス。姿勢を正して、足裏全体で踏み込みましょう。その積み重ねがふだんからの代謝を高めて、お腹周りのダイエットにつながっていきます。

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
ぽっこりお腹を解消する「内臓下垂」の治し方
掃除しながら尿漏れ予防「骨盤底筋」鍛え方
大腰筋を鍛える「歩幅1.5倍」ウォーキング

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事