ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

手作りチョコを口どけ抜群にする簡単テクニック

バレンタインといえば手作りチョコ。とはいえ、一度溶かして固めたチョコは意外とおいしくないものです。そこで、手作りチョコを簡単に口どけ抜群にするテクニックを紹介しましょう。『ためしてガッテン』の「チョコレートの超ヘルシー&美味ワザ」で取り上げられていました。



スポンサーリンク
手作りチョコを口どけ抜群にする簡単テクニック

手作りチョコ失敗の元が湯せん

手作りチョコを口どけ抜群にする簡単テクニックで、用意するのは1枚およそ100円の板チョコです。この板チョコを1片の半分くらいの大きさまで砕いてボウルに入れます。

その際に忘れてはならないのが、1かけら分だけ取り出して、包丁で細かく砕いておくこと。この1かけらだけは、粉状になるまで細かくしておきます。

いよいよ、砕いたチョコを溶かす工程。通常は湯せんをして溶かしますが、どうしても水が中に入りやすいのが難点。それが手作りチョコ失敗の元になります。そこで、使用するのがドライヤーです。

口どけ抜群の手作りチョコの完成

ドライヤーで30秒から1分ほど、砕いた板チョコを温めます。板チョコのかけらの角が溶けはじめたら、空気が入らないようにしながら、スプーンでつぶすだけで自然に混ぜることができるのです。

ここに粉砕したチョコをひとつまみ、パラパラと投入。すぐ溶けきってしまうので、なくなったらまたひとつまみ…を繰り返します。溶けきらなくなるまでなるべく多く入れてください。

あるところまで行くと、粒がすぐには溶けなくなる状態になります。このタイミングで完成です。溶けているチョコをスプーンですくって、キッチンペーパーの上に薄く広げて10分ほど置いておくだけ。口どけ抜群の手作りチョコの完成です。

■「チョコレート効果」おすすめ記事
チョコレートの効果は発酵食品だったから!?
チョコレートの効果といえば高血圧の改善!
ポリフェノール効果はダークチョコレートだけ!
ダークチョコレート以外に健康効果がない理由
チョコレートの高血圧の改善効果は本当か?

■「チョコレート」おすすめ記事
バンホーテンはチョコレートの生みの親だった
抗酸化作用で血管が若返るチョコの成分とは?
血管年齢を下げるなら2時間おきにチョコを食べる
血圧を下げるには板チョコ3分の2とココア2杯

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事