ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

眠れない原因は寝具の色が「白」だからかも!?

じつは熟睡するために選んでいけない布団カバーやシーツの色が「白」。これが眠れない原因になることがあるのです。じつは熟睡するには寝具の色をパステルカラーにするとよいのです。『ジョブチューン』の「医者ぶっちゃけSP!」で紹介されていました。



スポンサーリンク
眠れない原因は寝具の色が「白」だから

よく眠れない寝具の色は真っ白

「寝つきが悪い」「よく眠れない」など、20~40代の日本人の8割が睡眠トラブルを抱えています。そして、その睡眠トラブルがさまざまな病気を引き起こす原因になっているのです

そんな睡眠トラブルで眠れない原因に、熟睡するために選んではいけない布団カバーやシーツの色があります。なんと選んではいけない寝具の色は「真っ白」なのです。

じつは「白」はとても強い色。これが緊張を誘ってよく眠れない原因になるのです。

緊張してよく眠れない原因になる

眠ってしまうと目を閉じているので、色はあまり関係ないように考えがち。しかし、睡眠に大切なのは「目をつぶる前」。目をつぶるときに白だと、緊張してよく眠れない原因になるのです。

「ホテルや病院のシーツが白なのはなぜ?」という疑問もあるでしょう。これは、血液や分泌液などシーツが汚れていることをわかりやすくするための配色。眠れない原因となることは考慮していないのです。

熟睡するために選ぶべき寝具の色は、パステルカラーと呼ばれる色。少し色が付いていて、気持ちが穏やかになる色を選ぶのが正しい選択です。白にこだわるのであれば、クリーム色を選ぶとよいでしょう。

■「眠れない原因」おすすめ記事
不眠症の原因は「無理なダイエット」にあった
不眠症の原因は食事の栄養バランスかもしれない
周期性四肢運動障害が不眠症の原因だった!?
不眠症の原因「脚のしゃっくり」400万人が悩む
眠れないとき無理に布団に入ってはいけない理由

■「不眠症」おすすめ記事
不眠症を改善する睡眠ホルモンのメカニズム
メラトニン効果で不眠症が改善するメカニズム
不眠症を薬なしで改善する睡眠ホルモンの出し方
不眠症チェックリスト!12の質問ですぐ判定
睡眠日誌は改善率70%以上!不眠症対策の最前線

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事