ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

加齢臭対策なら41度で1分の朝シャワーが効果的

男性は40歳を過ぎると、加齢臭の原因とな皮脂が急激に増えてくるもの。しっかり加齢臭対策することが大切です。そんな加齢臭対策には「41度で1分の朝シャワー」が効果的です。『世界一受けたい授業』の「たった1度で大違い!最新入浴法」で紹介されていました。



スポンサーリンク
加齢臭対策なら41度で1分の朝シャワー

加齢臭対策に本当に効くのか実験

加齢臭対策に、本当に「41度で1分の朝シャワー」が効くのか、さっそく実験してみましょう。実験台となるのは、51歳の男性タレント。自分ではわからないものの、たまに奥さんから「臭うわね」といわれるといいます。

実験に使用するのは臭気測定器。加齢臭を測定する場合、もっとも臭いが強い耳の裏側がよいのですが、整髪量の影響が出てしまうことがあります。このため今回は、胸まわりでの加齢臭の測定です。

まず朝シャワーを浴びない日の朝に測定。すると、数値は「53」でした。お昼から仕事をこなして夕方過ぎに測定すると、数値は朝より上がって「87」。加齢臭対策をしないと、夕方に臭いが「30」以上もアップしたのです。

加齢臭対策の効果が夕方まで継続

実験2日目は「41度で1分の朝シャワー」を実践しました。するとシャワー後に、臭気が「15」にまでダウンしています。日中に仕事をこなした夕方に測定すると、数値は「34」と低いままでした。

実験3日目は、比較のために「37度で1分の朝シャワー」を実践。シャワー後の数値は「29」となり、41度のシャワーよりも臭いが残っていました。そして、夕方に数値を測定すると「44」まで上がっていたのです。

このように「41度で1分の朝シャワー」は加齢臭対策としてもっとも効果的でした。しかも加齢臭対策の効果は、夕方までしっかり継続することも判明したのです。

■「加齢臭」おすすめ記事
加齢臭/メタボ臭/ダイエット臭にご注意!
8割は勘違い!?セルフチェックで加齢臭対策
加齢臭対策は毎朝30秒ずつ胸と背中をシャワー

■「臭い」おすすめ記事
頭皮の臭いを中和してくれる「塩洗髪」とは?
汗が臭いのは「悪い汗」をかいている証拠だった
臭い玉が原因となる「掌蹠膿疱症」の治療法
臭い玉の原因は細菌の塊…どうすれば治る?
「臭い玉」の放置が原因で腎臓病になる理由
「臭い玉」が細菌の死骸!それが口臭の原因だ
臭い玉の画像を拡大すると細菌の死骸が現われる

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事