ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

吉川メソッドの上体反らしスクワットでひざ美人

自宅で手軽にできる吉川メソッドを紹介しましょう。それが通常のスクワットの10倍以上の負荷がかかる上体反らしスクワット。ひざのたるみを解消するのにも効果的なメソッドです。『1分間の深イイ話』の「なぜ人はそこまで若返りたいのか?」で紹介されていました。



スポンサーリンク
吉川メソッドの上体反らしスクワットでひざ美人

自宅で簡単にできる吉川メソッド

あのチュートリアルの徳井さんのボディをわずか3週間でバキバキにした話題のダイエット法が吉川メソッドです。その吉川メソッドを開発した吉川朋孝さんが、自宅で簡単にできる吉川メソッドを1つ教えてくれました。

女性のひざは、年齢とともに肉が下がり気味になってしまうもの。そんな悩みを解消するメソッドです。ひざの部分の筋肉を鍛えることによって、下がってきた肉を引き上げて、ひざ美人を目指します。

やり方はまず、ドアノブなどにつかまって直立。そして、かかとを上げます。この体勢から、そのまま上体を反らすのです。さらに、上体を反らしながらひざも曲げてください。

吉川メソッドは量より質を徹底する

吉川メソッドの上体反らしスクワットの負荷は、通常のスクワットの10倍以上です。回数は10~15回、必ず限界までチャレンジしてください。これを1日3セット、週に2日ほど行えば十分です。

吉川メソッドは実際には、100種類以上のトレーニングメニューの中からその人に合ったメニューを作成。効率よく体に負荷をかけるのが特徴です。トレーニングは「量より質」を徹底しています。

また、吉川メソッドの食事法は高タンパク低カロリーが基本です。ご飯などの炭水化物はいっさい摂りません。鶏肉であれば皮を取り除いたササミ、牛肉であればモモ肉…といった具合です。

■「吉川メソッド」おすすめ記事
吉川メソッドの腹筋は負荷10倍以上でバキバキに

■「スクワット」おすすめ記事
骨盤底筋群を鍛える簡単プロポーズスクワット!?
スクワットでインナーマッスルを鍛える方法とは

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事