ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

乾燥肌対策には「蒸しタオルと氷水」が効果的

美魔女の頂点に輝いた1966年生まれの山田佳子さん。じつは以前は20代のころの日焼けが原因で乾燥肌だったのです。そんな彼女を救ったのが「蒸しタオルと氷水」でした。『1分間の深イイ話』の「なぜ人はそこまで若返りたいのか?」で紹介されていました。



スポンサーリンク
乾燥肌対策には「蒸しタオルと氷水」が効果的

乾燥肌対策「蒸しタオルと氷水」

さっそく山田さんのお肌を診断すると、シワの数は30代前半レベルでした。、シミにいたっては、なんと20代レベルという数値です。

そんな山田さんも、じつは20代のころは日焼けで真っ黒。気がつけば30代で乾燥肌になっていました。

そして、そんな彼女を救った乾燥肌対策があります。それは毎日、洗顔して美容液を塗ったあとに必ず行います。その乾燥肌対策とは「蒸しタオルと氷水」です。

乾燥肌対策を10年以上続けている

乾燥肌対策のやり方は、蒸しタオルを2分当てたら、すかさず氷水をバシャバシャとかけるというもの。蒸しタオルで温めることによって、毛穴が開いて美容液が浸透します。さらに氷水で急激に冷やすことで、そのあとの血行が促進。肌にハリとツヤが生まれるのです。

実際、乾燥肌を治そうと皮膚科に行っても、高級なクリームを使っても効果なし。そのときに試した乾燥肌対策が、この「蒸しタオルと氷水」でした。

その甲斐あってすっかり乾燥肌が落ち着いたといいます。しかも山田さんの場合、この乾燥肌対策を10年以上、1日も欠かさず続けているのでした。

■「乾燥肌」おすすめ記事
偽ニキビの治し方!3タイプある原因と対策とは?
背中ニキビの原因は「マラセチア菌」だった
鼻にできたニキビは死に至るめんちょうかも!?
その大人ニキビは顔にできたイボかもしれない
シワの原因は骨の老化!1日2分の若返り運動
「首のシワ」が白のコンシーラーで消えた!

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事