ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

ダイエットの食事制限はカロリーより時間が大事

早食いが太るのは、満腹中枢が働く前に食べ過ぎてしまうから。これを逆手にとれば、食事制限することなくダイエットができます。ダイエットの食事制限はカロリーより時間が大事なのでした。『駆け込みドクター!』の「ダイエットの7つのウソ!?ホント!?」で紹介されました。



スポンサーリンク
ダイエットの食事制限はカロリーより時間が大事

ダイエットするなら食事制限

脳には空腹が満たされたという満腹中枢があります。満腹中枢が働くためには、食べ始めてから20分はかかるもの。早食いしてしまうと、この20分の間にかなりの量を食べることになります。早食いは、満腹中枢が働く前に食べ過ぎて太ってしまうのです。

また、早食いは血糖値の急上昇を招きます。急激に上がる血糖値に対して、血糖値を下げるためにインスリンが大量に分泌。インスリンが余った糖を脂肪として蓄えてしまいます。この意味からも、早食いは太るのです。

太るのを防いでダイエットするなら、ゆっくり食べざるをえないものに食事制限する方法があります。肉でも野菜でも、素材が大きいものを選ぶと、かむ回数が自然と増えて食事時間が長くなるものです。

ダイエットの食事制限は時間

口に運ぶまでに何か作業があるのもよいかもしれません。焼き魚などは身をほぐすという作業が必要です。ステーキならナイフで切るという作業があります。作業があったほうが、そのぶん食事時間が長くなるというわけです。

さらに、噛む回数もとても重要。空腹が満たされたという満腹感より先に、噛むことで食欲を抑えるホルモンが作られるからです。

1口1口よく噛むことは、早食い防止だけでなく、食欲を抑えることにもつながります。1口30回噛むようにすれば、ダイエット効果が期待できるはず。このようにダイエットの食事制限は、食べる時間が長くなるように制限するほうが効果的なのでした。

■「ダイエット」おすすめ記事
「食べる順番ダイエット」意外な盲点とは?
長期的には危険だった!炭水化物ダイエット
睡眠不足と不規則な生活はダイエットの大敵
徹底検証「ダイエット」7つのウソ・ホント
1週間で効果が現れた「朝食抜きダイエット」
はらすまダイエットは体の中も健康にする!

■「食事」おすすめ記事
インフルエンザは食事を控えるのが正解だった
糖尿病の食事メニューは「肉・卵・チーズ」
セロトニンを食事で増やす3つの栄養素とは
痛風を食事で治すにはプリン体だけでは不十分

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事