ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

便秘マッサージには1日10分のうつ伏せが効く

数ある便秘マッサージのなかでも、もっとも簡単で効果的な方法を紹介しましょう。それが1日10分のうつ伏せです。うつ伏せによる便秘マッサージは、腸にどのような効果をもたらすのでしょうか? 『みんなの家庭の医学』の「3つの悩み解決SP」で紹介されていました。



スポンサーリンク
便秘マッサージには1日10分のうつ伏せ

便秘マッサージは1日10分のうつ伏せ

小腸は大腸と比べて、複雑な形に折り畳まれています。通常のマッサージではなかなか刺激しづらい臓器です。しかし、うつ伏せになると、お腹が押されて小腸全体がまんべんなく刺激されます。

これが小腸のぜん動運動を促すことで、便秘マッサージの効果となるのです。さらに、その刺激は大腸のぜん動運動をも促します。結果的に、便通異常につながるガスの減少にもつながるのです。

この便秘マッサージを、便秘歴が長い57歳の女性に体験してもらいました。便秘マッサージはまず、うつ伏せを1日最低10分は行います。そのとき、小腸に刺激が加わるようにゴロゴロ寝転がる動きを5回以上やるのです。

さらにもう1つ、便秘マッサージにはルールがあります。1日のうちで8時間以上、何も食べない時間を作るのです。

便秘マッサージと8時間ブランク

女性が実験を開始したのは便秘4日目。さっそくうつ伏せになってゴロゴロ寝転がると、すぐに便意が催してきました。便は少量だったとはいえ、あっという間に便秘マッサージの効果が現れました。

実験2日目、いつもは朝7時に食べる朝食を、8時間のブランクを作るために10時に変更。すでにお腹ペコペコです。そして、朝食を食べてすぐ便意を催すではありませんか。本人も驚くほどに、快調な便通です。

実験3日目も、朝食後にすぐにトイレ。つまり3日連続で排便があったということです。うつ伏せの便秘マッサージ効果と8時間のブランクが女性の腸を完全に正常な状態に戻し、実験開始から1週間、連続排便を記録したのです。

■「便秘マッサージ」おすすめ記事
便秘解消に効果アリ「美腸体操」のやり方とは
便秘解消方法は「ひねり体操」が効果的だった

■「便秘」おすすめ記事
「便秘」は体に充満するガスが原因だった!
便秘の原因はただの思い込みかもしれない!?
8時間以上の空腹が「便秘」を解消する秘訣
便秘の人は「くも膜下出血」になりやすい!?
食物繊維のとりすぎで便秘がさらに詰まる理由
インフルエンザの発症原因が「かくれ便秘」!?
血便の原因は便秘?虚血性大腸炎の症状と治療
腸腰筋を鍛えると大腸が刺激されて便秘が解消

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事