ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

肩こりの原因は肩甲骨が背中側に移動したから!?

ジャングルの木の枝を次から次へと伝っていくサルのイメージとは裏腹に、ニホンザルは意外なことに運梯ができません。じつはそこに、人間が肩こりや四十肩・五十肩になる秘密が隠されているのです。『ためしてガッテン』の「五十肩&コリ一挙撃滅」で紹介されていました。



スポンサーリンク
肩こりの原因は肩甲骨が背中側に移動したから

ニホンザルの肩甲骨は体の側面

ジャングルで木にぶら下がって移動するのは、テナガザルやオランウータン、チンパンジーなどの「類人猿」です。いわば人間に近い形に進化を遂げた猿たちなのです。

人間とニホンザルの骨格で決定的に違っているのが「肩甲骨」。ニホンザルの肩甲骨は体の側面にあります。これに対して、人間の肩甲骨は背中に回り込んだところです。

そして、ニホンザルは肩甲骨が側面にあるために、腕を上げることはできても、腕を外側に動かすことができません。このため、運梯のような動きができないというわけです。

肩甲骨の移動が肩こりの原因

一方の人間は、肩甲骨が背中側に移動したため、腕の動かせる範囲が広がっています。だからこそ、人間は文明を発達させることができたのです。

しかし、この肩甲骨の移動は筋肉にとっては負担がかかることでもあります。ただ下にぶら下げるだけでも筋肉に負担がかかってしまうのです。これこそが、肩こりの原因なのです。

さらに、ちょっとした動きで筋肉がずれてしまうために、肩甲骨が変形して筋肉の通り道を作るガイドができています。そして、これらのガイドや骨に筋肉が当たることで炎症をおこすのが四十肩・五十肩なのでした。

■「肩こり」おすすめ記事
「肩こり」の影に重大な病気が潜んでいる!?
肩こり解消!背骨のゆがみをタオルで矯正!!
肩甲骨のゆがみが「肩こり」を引き起こす!
「ふくらはぎ」を揉んで「肩こり」を解消!!
ひどい肩こりは「くも膜下出血」の危険アリ
猫背の肩こりを解消するゆがみリセット方法
肩もみしても治らない肩こりは心臓が原因かも

■「肩甲骨」おすすめ記事
肩甲骨ストレッチで悪い姿勢を簡単リセット

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事