ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

チョコレート効果がホワイトチョコにない理由

動脈硬化や高血圧が予防できるとして注目されてるのがチョコレート効果です。とはいえ、すべてのチョコレートに効果があるわけではありません。チョコレートの種類と成分を理解して、効率的に健康な体を目指しましょう。ダークチョコ以外はチョコレート効果は期待薄なのです。



スポンサーリンク
チョコレート効果がホワイトチョコにない理由

種類によってチョコレート効果は違う

エピカテキンは、チョコレートに多く含まれているポリフェノールの一種。このエピカテキンが血液中に流れ込み、血管の収縮をつかさどる内側の細胞血管内皮細胞にしみ込んでその活動を活性化するのがチョコレート効果です。

とはいえ、チョコの種類によってチョコレート効果は違っています。というのも、チョコの種類でエピカテキンが含まれている量が違っているからです。

エピカテキンが含まれているのは、チョコレートの原料であるカカオ豆。このカカオ成分が多く含まれているチョコでなければ、何のチョコレート効果も期待できないということです。

そこで、チョコレートの製造過程を解説しましょう。原料であるカカオ豆は、発酵・乾燥・焙煎・粉砕されて、まずはカカオマスに加工されます。このカカオマスから、脂肪分であるココアバターを分離させたのがココアパウダーです。

チョコレート効果はダークチョコだけ

チョコの製造過程は、チョコの種類で変わります。ダークチョコレートは、おもにカカオマスとココアバターで作られたもの。カカオの主成分が豊富に含まれています。

ミルクチョコレートは、ダークチョコレートに乳製品を加えたようなもの。カカオの主成分が薄まっています。さらにホワイトチョコレートにいたっては、おもにココアバターと乳製品によって作られたもの。カカオの主成分はほとんど含まれていません。

このように、動脈硬化や高血圧が予防できるチョコレート効果があるのはダークチョコだけ。それ以外の種類のチョコは期待薄ということです。ちなみにココアは、基本的にはココアパウダーなので、カカオの主成分が豊富に含まれています。

■「チョコレート効果」おすすめ記事
チョコレートの効果は発酵食品だったから!?
チョコレートの効果といえば高血圧の改善!
ポリフェノール効果はダークチョコレートだけ!
ダークチョコレート以外に健康効果がない理由
チョコレートの高血圧の改善効果は本当か?

■「チョコレート」おすすめ記事
バンホーテンはチョコレートの生みの親だった
抗酸化作用で血管が若返るチョコの成分とは?
血管年齢を下げるなら2時間おきにチョコを食べる
血圧を下げるには板チョコ3分の2とココア2杯

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。