ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

朝カレーが健康で痩せやすい体を作るメカニズム

漢方薬と同じスパイスがたくさん使われているカレーはもはや健康食。なかでも「朝カレー」がおすすめです。朝カレーが健康で痩せやすい体を作るメカニズムを見ていきましょう。『主治医が見つかる診療所』の「カレーを食べて健康になるSP」で紹介されていました。



スポンサーリンク
朝カレーが健康で痩せやすい体を作るメカニズム

朝カレーによるダイエット

朝カレーによるダイエットのよさは3つあります。「自律神経の切り替え・脳の活性化・代謝アップ」です。

朝カレーのよさに「自律神経の切り替え」があります。夜寝ている副交感神経から昼間活動する交感神経への切り替えが、カレーによってできることです。

朝カレーのよさ2つめは「脳の活性化」。カレーとお粥を食べてそれぞれの脳の血流を調べたところ、カレーを食べたときのほうが血流量が増えたのです。これはカフェインなどと同じように、カレーのスパイスにはカルダモンやディルシードなどに含まれる成分が、脳の血流を増やしています。

朝カレーを食べて代謝アップ

朝カレーのよさ3つめは「代謝アップ」です。人によっては朝カレーによって代謝が50%も上がる人もいて、やせやすい燃えやすい体になります。

朝にカレーを食べると代謝が上がり、体に取り入れられたエネルギーがその日一日燃えやすくなります。その結果、痩せやすい体になるのです。

カレーと違うものを食べたときの体の表面温度の違いを比較してみると、カレーのほうが明らかに表面温度が上昇。また、表面だけでなく体の奥の体温も上昇していました。これは代謝がアップした証拠なのです。

■『主治医が見つかる診療所』
【カレーを食べて健康になるSP】

カレーのスパイスは漢方薬で使われるものばかり
二日酔い対策にお酒の前のカレーライスが効く
カレーのスパイスは甘口のほうが多く入っている
カレーは健康の秘訣!認知症の予防効果もある
カレーダイエットは朝食に食べるのが効果的
スープカレーレシピは八丁味噌とガラムマサラ
サバ缶カレーの決定版!超特急の超簡単レシピ

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事