ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

体のゆがみを治す肩と骨盤のストレッチ方法とは

遼河はるひさんは、左側の肩甲骨に痛みを感じるとか。眼精疲労と偏頭痛、首が左を向きにくい痛み、腰の痛み、左のひざの痛みも悩みのタネ。そこで、肩と骨盤のゆがみをリセットする方法を見ていきます。『駆け込みドクター!』の「体のゆがみを矯正SP」で紹介されていました。



スポンサーリンク
体のゆがみを治す肩と骨盤のストレッチ方法

肩のゆがみをリセットする方法

遼河さんの診断は「左肩腱板不全断裂」です。これは、肩にある「腱板」という筋肉が、骨と骨の間でこすれたり、強い衝撃により傷ついている状態のこと。いわゆる四十肩や五十肩に発展する可能性があります。

そんな症状には「肩のゆがみリセット法」が最適です。肩のゆがみをリセットする方法は、インベーダーのポーズのように、ひじを水平にして片方の手は上、もう片方は下を向けます。左肩の動きが悪い人は左手を上に、右肩が固い人は右手を上にしてください。

この姿勢から腕をひじから先の手の向きに、円を描くように伸ばすのです。肩甲骨を回すようなイメージで、キツイところで5~10秒ほど停止します。10回で1セット、これを3セット繰り返します。

骨盤のゆがみをリセットする方法

遼河さんの場合は左の骨盤が上がってしまっているとか。それによって、全身の骨のバランスが崩れているのです。その場合に最適なのが「骨盤のゆがみリセット法」です。

骨盤のゆがみをリセットする方法は、右手をイスの背もたれにのせて立ったら準備完了です。骨盤を下げるように左足を前に出して左手を上げるてください。

この姿勢から腰をイスから遠ざけるように、体の左側面を伸ばすように体を曲げるのです。この状態を30~60秒キープ、これを3~4セット行います。

骨盤のゆがみリセット法は、左右それぞれ行ってください。とくに伸びづらいほうを重点的に行いましょう。

■「体のゆがみ」おすすめ記事
姿勢矯正のための3つの体のゆがみリセット法
ラジオ体操の効果で体のゆがみをリセットする
大腰筋トレーニングにノルディックウォーキング
ノルディックウォーキングで体のゆがみリセット
体のゆがみを10秒でチェックする方法とは?
ノルディックウォーキングで体の歪みが解消する
体の歪み改善で減量できるノルディックスキップ
体の歪みが簡単に改善するねじり体操のやり方
体の歪みを改善するシンメトリーなスクワット
体の歪みをリセットする「3拍子歩き」のすすめ

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事