ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

尿酸値が高い人は心臓病の死亡リスクが2倍高い

尿酸値が高いながら痛風が発症していない人は「高尿酸血症」という立派な病気。動脈硬化や心筋梗塞の原因となる危険があります。じつは尿酸値が高い人は心臓病の死亡リスクが2倍も高いのです。『ためしてガッテン』の「痛風予備軍が心筋梗塞」で紹介されていました。



スポンサーリンク
尿酸値が高い人は心臓病の死亡リスクが2倍高い

尿酸値が高いことが生活習慣病の入口

尿酸と心筋梗塞との因果関係が明らかになってきたのは、ほんのここ数年のことです。尿酸値が高い人は、心臓病での死亡リスクが2倍近くも高い…という報告などから注目が集まるようになりました。

最近では、尿酸値が高いことが生活習慣病の入口といわれています。痛風・高尿酸血症のガイドラインとして、尿酸値を生活習慣病のマーカーとするように提唱しているほどです。

尿酸値が高いながらも痛風になっていない人は、足の親指の付け根に尿酸の結晶が溜まっているだけではありません。首の血管の検査をしてみると、動脈硬化が血管の中で少しおきていました。血管の中に、小さなコブができていたのです。

女性の高い尿酸値は危険だった

とくに女性には尿酸値が高いかは重要な指標です。男女とも尿酸値の上限は「7」とされていますが、女性はもともとホルモンの影響で尿酸値が低いもの。数値にして「2」くらい低いので、尿酸値「5」くらいが女性の上限です。

このため、女性の尿酸値「6」は男性の値よりも高いということ。生活習慣病のリスクが男性より高まります。男性が尿酸値「7」を超えているよりも、危険だという報告もあるほど。近い将来、女性の尿酸値の上限値は変更されると思われます。

尿酸値が高いことは痛風だけではなく、生活習慣病の重要なサインなのです。高尿酸血症にならないよう、健康診断の尿酸値の数値をしっかりチェックするようにしましょう。

■『ためしてガッテン』
【痛風予備軍が心筋梗塞】

高尿酸血症が原因で心筋梗塞をおこすこともある
尿酸の結晶が見たければ鳩のフンを見ればよい
尿酸はビタミンCの代わって抗酸化作用を担う
プリン体とは尿酸値にあまり関係がなかった件
尿酸値を下げるならプリン体オフより果糖控えめ

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事