ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

尿酸の結晶が見たければ鳩のフンを見ればよい

痛風の患者数は96万人。そして、痛風一歩手前という人たちが1100万人もいると推定されています。痛風一歩手前といっても安心してはいけません。尿酸の結晶はすでに足に溜まっているのです。『ためしてガッテン』の「痛風予備軍が心筋梗塞」で紹介されていました。



スポンサーリンク
尿酸の結晶が見たければ鳩のフンを見ればよい

痛みがなくても尿酸の結晶がある

尿酸値が基準値より高い中年男性が集めて、尿酸の結晶が溜まっているかの実験を行います。全員、これまで痛風の痛みが出たことはありません。

さっそく尿酸値「7.8」の男性について、痛風の痛みが出やすい足の親指の関節を、超音波エコーで見てみます。すると、関節には尿酸の結晶が溜まっていたのです。

毎晩、ビールで晩酌を欠かさないという尿酸値「8.3」の男性も、超音波エコーで見ると尿酸が溜まっています。仕事でストレスが多い尿酸値「9.7」の男性は、尿酸の結晶が沈着をおこしている状態。痛みがなくても尿酸の結晶が溜まっている可能性が高いと診断されました。

尿酸の結晶の色は鳩のフンと同じ

実験の結果、なんと全員の足に尿酸の結晶が溜まっていたのです。医師いわく、正常な人とは明らかに違っている、危険な状態と診断されていました。

尿酸の結晶は、尿酸が冷えて固まるときにできるもの。このため、足の先や人間の体で冷えやすいところにできやすいのです。

とはいえ、その結晶が関節にピタッと貼り付いていれば痛みはありません。痛風の痛みは、尿酸の結晶がはがれ落ちて、炎症をおこすことが原因で発症するのです。

ちなみに、尿酸の結晶は多くの人が目にしたことがあります。それは鳩のフン。鳩のフンが白いのは、それが尿酸の結晶の色だからです。

■『ためしてガッテン』
【痛風予備軍が心筋梗塞】

高尿酸血症が原因で心筋梗塞をおこすこともある
尿酸はビタミンCの代わって抗酸化作用を担う
尿酸値が高い人は心臓病の死亡リスクが2倍高い
プリン体とは尿酸値にあまり関係がなかった件
尿酸値を下げるならプリン体オフより果糖控えめ

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事