ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

緊張型頭痛を解消するカンタン首こりストレッチ

締め付けられるような痛みが1日中、じわじわと続くのが緊張型頭痛。その原因は肩や首のコリにあります。そこで、緊張型頭痛を解消するカンタン首こりストレッチを紹介しましょう。『駆け込みドクター』の「頭痛の悩みを解決SP」で取り上げられていました。



スポンサーリンク
緊張型頭痛を解消するカンタン首こりストレッチ

几帳面すぎると緊張型頭痛になる

緊張型頭痛の人は「几帳面すぎる性格」が危険です。几帳面すぎる性格の場合、肩や首の筋肉が緊張してしまい、ギュッと締め付けるような痛みが慢性的に出てしまいます。これが緊張型頭痛の原因です。

緊張型頭痛のおもな原因は肩や首のコリ。筋肉が収縮して、血管や神経を圧迫することで頭痛がおきるのです。

几帳面すぎると、常に気が張った状態。自律神経が緊張して血管が収縮してしまいます。血液は酸素や栄養を運んだり、老廃物を回収したりするのですが、血管が収縮するとそういったことが滞ることに…。これにより、ますます首や肩のコリが固まってしまうという悪循環となるのです。

緊張型頭痛を解消するストレッチ

緊張型頭痛の解消法は、リラックスしてコリをとること。マッサージや入浴などで、首や肩を温めるのがオススメです。さらに、いますぐできる「カンタン首こりストレッチ」を紹介しましょう。

緊張型頭痛を解消するカンタン首こりストレッチは、まず肩を上げ下げ。肩の力を抜いて、ゆっくり上げ下げを3回繰り返します。続いては首倒し。首を右に倒して2~3秒、左に倒して2~3秒…とこれも3回繰り返します。

最後は首回し。首をゆっくりと一回転、大きく回す動作を左右に3回行います。これで首や肩のコリがとれて、緊張型頭痛が解消するのです。じわじわと鈍い痛みが続く人は、ぜひ試してみてください。

ただし、この体操は緊張型頭痛に対して解消効果があるもの。別タイプの頭痛の人は、痛みがあるときにやると逆効果の場合もありますので要注意です。

■「緊張型頭痛」おすすめ記事
几帳面すぎる性格が緊張型頭痛の原因だった
緊張型頭痛に隠された長引く頭痛の本当の原因
偏頭痛の対処方法と緊張型頭痛の対処方法の違い

■『駆け込みドクター』
【頭痛の悩みを解決SP】

頭痛の種類を見分けて正しく対処するのが賢い
偏頭痛の対処は血管を拡張させる原因を探すべし
迷ったときは偏頭痛の対処をするのが無難だった
偏頭痛は薬を飲みすぎると薬物乱用頭痛になる
偏頭痛の症状を悪化させるラーメンと粉チーズ
神経ブロックで頭痛を治すペインクリニックとは

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事